飼育中のミヤマセセリが予想外の蛹化

発端は今年の4月2日。コナラの冬芽にミヤマセセリの卵を見つけた。
b0194593_21374988.jpg

持ち帰った卵は4月8に孵化、
b0194593_21381280.jpg

その後、何回か脱皮した。
9月23日までに6回脱皮したと思われるが間違っているかも知れない(正しければ終齢幼虫は7齢ということになる)。脱皮は巣を開いてみれば確認可能だが、幼虫をいじめることになるので今回は脱皮の確認は諦めた。
b0194593_2138586.jpg


ちょっと前の9月24日フンをしていない。フンがないということは、脱皮が近いか、健康上の問題があるかのどちらかである。実は前日、カビの生えた巣の半部ほどを廃棄処分した。これが何らかの問題を引き起こした可能性もあるので心配になった。
ところが、9月26日、蛹化していたのである(幼虫期が171日)。
b0194593_21391859.jpg


ミヤマセセリは、通常3月下旬~4月上旬に産卵する。卵はコナラやクヌギの芽吹きにに合わせて孵化し、その後、秋までゆっくりと成長して終齢幼虫になり、そのまま越冬する。早春、餌を食べずに蛹化して羽化を迎える。

従って、来春までは蛹化しないと思い込んでいた。
全く予想外の展開に嬉しいサプライズとなった。
# by jbcs | 2016-09-26 23:33 | 季節のチョウたち

葉上で休むモンキアゲハ




sippoです。

東京はもううんざりするほど、じめじめの日々・・・


今日はようやくお日様を拝むことができましたが、

今度は蒸し暑く、、


向こう1週間の予報も冴えません。


お日様恋しいですね。



本日の更新は、なんとか陽射しがある時に撮影した画像です。




b0194593_2117191.jpg



チョウチョの表情も様々・・・


sippoは、こんな休息タイムの表情も大好きです♪



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-09-25 21:23 | 季節のチョウたち

秋を呼ぶ蝶 ウラナミシジミ



sippoです。

やっと東京でこの子に出会うことができました。





b0194593_2182583.jpg




例年よりずっと遅い出会いでしたが

元気に飛び回っていました。


この蝶を見たら 秋・・・



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-09-18 21:13 | 季節のチョウたち

キアゲハの子供たち



sippoです。


台風が過ぎ去ったと思ったら、今度は秋雨前線・・・

向こう1週間は曇り雨になりそうな東京です。



さて都会ではキアゲハが減っていると聞きます。

たしかに、近所のフィールドを歩いても

年々見かける数が減ってきている気がします。



そんなフィールドで、先日はこんな光景に出会えました。






b0194593_21274628.jpg



大事なごはんを、分け合って



希少な食草が 刈られないことを祈りながら

このフィールドで アゲハとキアゲハが仲良く絡む光景を

また見たいものです。



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-09-11 21:35 | 季節のチョウたち

札幌でオオモンシロチョウ(外来種)を探してみる

少し前の話題になってしまったが、オオモンシロチョウについて書くことにします。

オオモンシロチョウは、20年ほど前に現れた外来種。一時は、増えすぎて問題になっていたと思う。ところが最近は大幅に数が減っているらしい。原因は不明。

7月下旬に札幌に帰省したので、10日ほどの滞在期間中に近所を探してみた。飛んでいるとモンシロチョウ等との識別が難しいが、明らかに大きな個体ならオオモンシロチョウと考えて良さそうだ。今回の確認個体は5頭ほど。探せば見つかるが、撮影するとなると厳しい。

最初に見つけたのは、郊外の住宅地。アカツメクサに停まって吸蜜していた。裏面だけでは♂♀の判別は難しいが、表面の黒斑が見えたので♀。証拠写真はとれたものの間もなく飛び立って見失った。
b0194593_840383.jpg


2度目の撮影チャンスも、郊外の住宅地だった。ラベンダーの花?に来ていた。一緒にモンシロチョウもいたが、明らかに大きかったのですぐにオオモンシロチョウと判った。表面の丸い黒斑がなかったので♂であることを確認。
b0194593_8494439.jpg


激減の原因が何なのか知りたいものだ。
# by jbcs | 2016-09-05 06:00 | 季節のチョウたち

チョウチョも避暑




sippoです。

気温はそんなに高くないのですが

晴れると残暑が厳しいですね。


チョウチョも同じみたい






b0194593_21273982.jpg



こんな風に 「避暑」してますemoticon-0136-giggle.gif




[モンキチョウ]
# by jbcs | 2016-09-04 21:31 | 季節のチョウたち

秋を呼ぶ蝶



sippoです。

また大きな台風が迫っていますね・・・


進路にあたる地域にお住まいの方々

最新の予報をチェックして 万全の準備、

そして無理な外出は控えてお過ごしください。



先日、やっとこの蝶に出逢えました





b0194593_2145576.jpg



早くは8月初旬には東京でも見られるのですが、

今季はさっぱりでした。


この蝶を見ると、秋の足音を感じる・・


そして、どこかおしとやかな印象のこの子は

できれば、しっとりと描写してあげたい



ところでしたが、この日は猛暑ピーカンの河原^^;


自然相手は、難しいものですね><


それでも、出会いは一期一会。

ひとつひとつの出会いを大切にしていきましょう。



[ウラナミシジミ]
# by jbcs | 2016-08-28 21:54 | 季節のチョウたち

東急ハンズ新宿店でのイベントのご報告

当協会のホームページでもご案内しておりましたが、8月18~20日、東急ハンズ新宿店にて、
夏休み学習企画「日本のチョウを知ろう!」というイベントを開催いたしました。

東急ハンズさんのような、大型商業施設でのイベントは初めてでしたので、どのようなイベントに
するか試行錯誤いたしましたが、ハンズの担当者Nさんにいろいろとご指導いただき、3日間無事に
終了することができました。

開催中の様子をご報告します。

<1日目(8月18日)>・・・展示販売とワークショップ

朝9時より搬入作業をして、11時のイベント開始時には、パネル、ポスターや
ニュースレター、チョウの生体(成虫、蛹、幼虫)など、展示完了です。

b0194593_18223047.jpg
ワークショップは、「チョウの写真でスタンドアルバムを作ろう!」というものです。
24種類のチョウの写真から、好きなのを5枚選び、そのチョウの名前を「フィールドガイド日本のチョウ」で調べてラベルを書き、はさみでチョウの形に切り出して、見開きのアルバムに貼って完成です。

小学生対象でしたが、大人の方にもご参加いただき、みなさん熱心に取り組んでくださいました。

b0194593_18230681.jpg
チョウの形にはさみで切り出すことは、大人でも結構難しい作業ですが、はさみを上手に使って
切り出した後の写真も、シルエットのようにきれいに切り抜いたお子さんもいました。
(もったいないので、そちらもお持ち帰りいただきました。)
もちろん作品もバッチリ出来上がりました!
b0194593_18231903.jpg
イベントの場所は、エスカレーターが上り下りするスペースでしたので、飛んでいるチョウを見て足を止め、
興味津々見てくださる方もたくさんいらっしゃいました。
b0194593_18224759.jpg
フィールドガイド「日本のチョウ」図鑑は、今回も好評で、売れ行きも良かったです。
たくさんのお客様とお話ししているうちに、あっという間に1日目が終了しました。

<2日目(8月19日)>・・・展示販売とミニ講演会

翌日は、当協会の中村氏の「日本のチョウに詳しくなろう!」というミニ講演会が数回ありました。

内容は、①チョウが絶滅の危機! ②チョウを見に行こう ③庭のチョウを楽しもう の3つをお話ししました。

時間ごとに、興味のありそうな方にお声をかけて参加していただきました。
講演は、小学生にもわかりやすい内容で、時々出てくるクイズには、手を挙げて一生懸命答えていました。
b0194593_18561743.jpg
講演会に参加した方には、「ツシマウラボシシジミ」のオリジナル缶バッジをプレゼントしました。
講演を聞いて、ご入会していただけたり、ニュースレターをご購入いただいたりしました。
本当にありがとうございました。

ツシマウラボシシジミ缶バッジ(直径32mm)
b0194593_20462212.jpg

このほかに、「ヒョウモンモドキ」の缶バッジも販売しました。(1個200円)
b0194593_20501626.jpg
今後、缶バッジの種類を増やして、バードフェスティバルやエコプロダクツなどのイベントでも販売する予定です。
売上は、保全活動に使わせていただきます。

2日目の展示には、スタッフSさん、Hさんが連れてきた幼虫が増えて、さらに人が集まってきました。
(幼虫は、クロコノマチョウ、アゲハ、クロアゲハ、コミスジ、アカボシゴマダラ、ジャコウアゲハ、キタキチョウ。
蛹は、ツマグロヒョウモン、アゲハ、ジャコウアゲハ、キタキチョウ。成虫は、ツマグロヒョウモン、アカボシゴマダラ、キタキチョウ)
b0194593_18234640.jpg
ジャコウアゲハの幼虫は、トゲトゲがあってちょっと触るのも戸惑ってしまいますが、平気で手に乗せられる女の子もいて
嬉しくなりました。
虫愛ずる姫君ですね。
b0194593_18241712.jpg

<3日目(8月20日)>・・・展示販売とワークショップ

さて、最終日の3日目。
午前中は豪雨でしたので、お客様が少なかったです。
でも、昼過ぎから晴れてきて、お客様やワークショップ参加者も増えてきました。
ワークショップに参加するお時間のない方には、材料のキットを買っていただいたりしました。

3日間を通して、チョウの生体は人気で、大人の方も見ていく方が多かったです。
b0194593_18244342.jpg
これをきっかけに、日本のチョウの中で、絶滅の危機に瀕しているチョウが増えていることや、
自然環境を守ることが大事なことを知っていただき、それが行動に結びつくといいなと思います。

3日目も無事に終了し、飛び入りスタッフさんにも片付けをお手伝いいただき、イベントが終了いたしました。
b0194593_18245388.jpg
お立ち寄りいただきましたお客様、このようなイベントを開催させてくださった東急ハンズのご担当者様、イベントをお手伝いいただいやスタッフの皆さんに、厚くお礼を申し上げます。

このイベントを良い経験として、今後もチョウ類保全協会の広報活動を頑張っていこうと思っております。



                                      事務局  井上◇”◇


# by jbcs | 2016-08-24 18:20 | イベント情報

コスモスとモンシロチョウ




sippoです。

関東地方は明日、台風の直撃を受けることになりそうな・・

どうぞ皆さま、お気をつけてお過ごしください。


近所のスーパーは台風前のお買い物のお客様でいっぱいでした。

そういう私も(笑)



さて、コスモスといえばとても可憐なお花で、

チョウチョを期待してしまうのですが、


現実はあまりチョウチョの吸蜜を見る機会がありません。



ところが先日は、近くにキバナコスモスがいっぱい咲いているのに

なぜかコスモスにモンシロチョウが集まっていました。







b0194593_21325880.jpg




キバナコスモスに飽きて

ちょっとつまみ食いに来ただけかもしれませんが^^;




こんな風に チョウチョの気持ちを想像してみるのも

また、楽しいものですねemoticon-0155-flower.gif



~東京都より発信~
# by jbcs | 2016-08-21 21:42 | 季節のチョウたち

ジャコウアゲハの幼虫



sippoです。

お盆休み 皆さま楽しまれていらっしゃるでしょうか。


関東地方は、週明けからお天気今一つの予報ですね。

晴れの日を大切に お外で癒されましょうemoticon-0157-sun.gif



先日出かけた とあるフィールドにて


ウマノスズクサなのですが・・・




b0194593_2140221.jpg




ジャコウアゲハの幼虫が、なんと茎を食い荒らして

葉っぱが枯れてしまっていました。






b0194593_21401988.jpg



残った茎を一生懸命食べています・・


茎の方が美味しいのでしょうか?



ジャコウアゲハの幼虫は大食漢で、

食草が無くなると共食いするとかいう話は聞いたことがありますが、

実際のところはどうなのでしょうね・・・?


今後も注意深く観察してみたいと思います。





撮影地 群馬県
# by jbcs | 2016-08-14 21:49 | 季節のチョウたち