東急ハンズ新宿店でのイベントのご報告

当協会のホームページでもご案内しておりましたが、8月18~20日、東急ハンズ新宿店にて、
夏休み学習企画「日本のチョウを知ろう!」というイベントを開催いたしました。

東急ハンズさんのような、大型商業施設でのイベントは初めてでしたので、どのようなイベントに
するか試行錯誤いたしましたが、ハンズの担当者Nさんにいろいろとご指導いただき、3日間無事に
終了することができました。

開催中の様子をご報告します。

<1日目(8月18日)>・・・展示販売とワークショップ

朝9時より搬入作業をして、11時のイベント開始時には、パネル、ポスターや
ニュースレター、チョウの生体(成虫、蛹、幼虫)など、展示完了です。

b0194593_18223047.jpg
ワークショップは、「チョウの写真でスタンドアルバムを作ろう!」というものです。
24種類のチョウの写真から、好きなのを5枚選び、そのチョウの名前を「フィールドガイド日本のチョウ」で調べてラベルを書き、はさみでチョウの形に切り出して、見開きのアルバムに貼って完成です。

小学生対象でしたが、大人の方にもご参加いただき、みなさん熱心に取り組んでくださいました。

b0194593_18230681.jpg
チョウの形にはさみで切り出すことは、大人でも結構難しい作業ですが、はさみを上手に使って
切り出した後の写真も、シルエットのようにきれいに切り抜いたお子さんもいました。
(もったいないので、そちらもお持ち帰りいただきました。)
もちろん作品もバッチリ出来上がりました!
b0194593_18231903.jpg
イベントの場所は、エスカレーターが上り下りするスペースでしたので、飛んでいるチョウを見て足を止め、
興味津々見てくださる方もたくさんいらっしゃいました。
b0194593_18224759.jpg
フィールドガイド「日本のチョウ」図鑑は、今回も好評で、売れ行きも良かったです。
たくさんのお客様とお話ししているうちに、あっという間に1日目が終了しました。

<2日目(8月19日)>・・・展示販売とミニ講演会

翌日は、当協会の中村氏の「日本のチョウに詳しくなろう!」というミニ講演会が数回ありました。

内容は、①チョウが絶滅の危機! ②チョウを見に行こう ③庭のチョウを楽しもう の3つをお話ししました。

時間ごとに、興味のありそうな方にお声をかけて参加していただきました。
講演は、小学生にもわかりやすい内容で、時々出てくるクイズには、手を挙げて一生懸命答えていました。
b0194593_18561743.jpg
講演会に参加した方には、「ツシマウラボシシジミ」のオリジナル缶バッジをプレゼントしました。
講演を聞いて、ご入会していただけたり、ニュースレターをご購入いただいたりしました。
本当にありがとうございました。

ツシマウラボシシジミ缶バッジ(直径32mm)
b0194593_20462212.jpg

このほかに、「ヒョウモンモドキ」の缶バッジも販売しました。(1個200円)
b0194593_20501626.jpg
今後、缶バッジの種類を増やして、バードフェスティバルやエコプロダクツなどのイベントでも販売する予定です。
売上は、保全活動に使わせていただきます。

2日目の展示には、スタッフSさん、Hさんが連れてきた幼虫が増えて、さらに人が集まってきました。
(幼虫は、クロコノマチョウ、アゲハ、クロアゲハ、コミスジ、アカボシゴマダラ、ジャコウアゲハ、キタキチョウ。
蛹は、ツマグロヒョウモン、アゲハ、ジャコウアゲハ、キタキチョウ。成虫は、ツマグロヒョウモン、アカボシゴマダラ、キタキチョウ)
b0194593_18234640.jpg
ジャコウアゲハの幼虫は、トゲトゲがあってちょっと触るのも戸惑ってしまいますが、平気で手に乗せられる女の子もいて
嬉しくなりました。
虫愛ずる姫君ですね。
b0194593_18241712.jpg

<3日目(8月20日)>・・・展示販売とワークショップ

さて、最終日の3日目。
午前中は豪雨でしたので、お客様が少なかったです。
でも、昼過ぎから晴れてきて、お客様やワークショップ参加者も増えてきました。
ワークショップに参加するお時間のない方には、材料のキットを買っていただいたりしました。

3日間を通して、チョウの生体は人気で、大人の方も見ていく方が多かったです。
b0194593_18244342.jpg
これをきっかけに、日本のチョウの中で、絶滅の危機に瀕しているチョウが増えていることや、
自然環境を守ることが大事なことを知っていただき、それが行動に結びつくといいなと思います。

3日目も無事に終了し、飛び入りスタッフさんにも片付けをお手伝いいただき、イベントが終了いたしました。
b0194593_18245388.jpg
お立ち寄りいただきましたお客様、このようなイベントを開催させてくださった東急ハンズのご担当者様、イベントをお手伝いいただいやスタッフの皆さんに、厚くお礼を申し上げます。

このイベントを良い経験として、今後もチョウ類保全協会の広報活動を頑張っていこうと思っております。



                                      事務局  井上◇”◇


# by jbcs | 2016-08-24 18:20 | イベント情報

コスモスとモンシロチョウ




sippoです。

関東地方は明日、台風の直撃を受けることになりそうな・・

どうぞ皆さま、お気をつけてお過ごしください。


近所のスーパーは台風前のお買い物のお客様でいっぱいでした。

そういう私も(笑)



さて、コスモスといえばとても可憐なお花で、

チョウチョを期待してしまうのですが、


現実はあまりチョウチョの吸蜜を見る機会がありません。



ところが先日は、近くにキバナコスモスがいっぱい咲いているのに

なぜかコスモスにモンシロチョウが集まっていました。







b0194593_21325880.jpg




キバナコスモスに飽きて

ちょっとつまみ食いに来ただけかもしれませんが^^;




こんな風に チョウチョの気持ちを想像してみるのも

また、楽しいものですねemoticon-0155-flower.gif



~東京都より発信~
# by jbcs | 2016-08-21 21:42 | 季節のチョウたち

ジャコウアゲハの幼虫



sippoです。

お盆休み 皆さま楽しまれていらっしゃるでしょうか。


関東地方は、週明けからお天気今一つの予報ですね。

晴れの日を大切に お外で癒されましょうemoticon-0157-sun.gif



先日出かけた とあるフィールドにて


ウマノスズクサなのですが・・・




b0194593_2140221.jpg




ジャコウアゲハの幼虫が、なんと茎を食い荒らして

葉っぱが枯れてしまっていました。






b0194593_21401988.jpg



残った茎を一生懸命食べています・・


茎の方が美味しいのでしょうか?



ジャコウアゲハの幼虫は大食漢で、

食草が無くなると共食いするとかいう話は聞いたことがありますが、

実際のところはどうなのでしょうね・・・?


今後も注意深く観察してみたいと思います。





撮影地 群馬県
# by jbcs | 2016-08-14 21:49 | 季節のチョウたち

何でしょう?

<その1>
大きさはだいたい25mmほど。
目玉のような模様があって、可愛らしい。

b0194593_926460.jpg

 :
 :
 :

アケビコノハというやや大型の蛾の幼虫です。
この写真の幼虫は若齢ですが、倍以上の大きさになります。
この幼虫は、アケビの葉や茎を食べます。アケビを見つけたら、探してみましょう。。
成虫は、過去の記事を見てください。


<その2>
大きさは10mmほど。面白い格好をしています。
時々見かけますが、一体何でしょう。

b0194593_712289.jpg

 :
 :
 :

オオトリノフンダマシという蜘蛛です。鳥の糞に擬態しているという意味でしょうか。

拡大してみると......
b0194593_7145688.jpg

右側が頭があることが判ります。確かに蜘蛛のようです。


チョウ以外の虫たちを観察するのも楽しいです。
2016-07-12横浜市の公園で撮影 by ごま
# by jbcs | 2016-07-25 06:00 | 蝶以外の昆虫たち

もじゃもじゃの・・・




sippoです。

関東の梅雨明けはいつになるのだろう!?

天気予報に晴れマークがほとんどありません><


なんとかお天気の日を大事にして虫散歩してます。^^




1週間くらい前に出会ったのが このもじゃもじゃさん




b0194593_21594220.jpg



初めて出会った時は、何なのか想像もつきませんでした。


このもじゃもじゃが幼虫だなんて・・・



その後また見に行ったら、いなくなってました。

蛹になったのかな!?



[アゲハモドキの幼虫] 

※アゲハモドキは、蛾のなかまでジャコウアゲハに擬態しているようです。

sippoも何度か成虫に出会っていますが、なるほどそっくり!

ただ大きさは、ジャコウアゲハよりずっと小さいです。





↓成虫



b0194593_2285954.jpg








~東京都より発信~
# by jbcs | 2016-07-24 22:09 | 蝶以外の昆虫たち

北杜市オオムラサキセンター

先週、山梨県北杜市にあるオオムラサキセンターに行ってきました。

ここではオオムラサキを広いケージの中で沢山飼育しています。
オオムラサキを目の前で見ることができるのでチョウ好きには嬉しい場所です。
夏休みに行ってみませんか。

この日は既に♀の羽化も始まっていて、あちらこちらで綺麗な個体を見ることができました。もちろん♂も
沢山いました。

この日午前中に羽化したオオムラサキ♀。蛹にぶら下がっています(♀)。
b0194593_9343162.jpg

部分拡大:無垢の鱗粉が鱗粉が美しい。
b0194593_9345199.jpg


スタッフのFZさんに、幼虫くんや蛹くんの居場所を教えていただきました(^_^)v
終齢幼虫(顔):
b0194593_938741.jpg

終齢幼虫(体長45mm):午前中の雨で濡れてました。
b0194593_937398.jpg

蛹(体長45mm):
b0194593_9392251.jpg


陽射しがでてくると、オオムラサキも飛び始めました。
園内の給餌場所には、数頭の個体が集まって来ていました。
オオムラサキ♂:
b0194593_9463777.jpg

オオムラサキ♀:
b0194593_9464992.jpg


園内でピザ焼き体験(500円!)。生地がパリパリでとっても美味しかった。

交通:
JR日野春駅から歩いて10分ほど。
車の場合は、中央高速の長坂IC、または須玉ICから10分程度。

この周囲の里山でもオオムラサキは多く見られます。
周辺の散策も楽しいです。

2016-07-09北杜市オオムラサキセンターで撮影 by ごま
# by jbcs | 2016-07-18 06:00 | 季節のチョウたち

冬虫夏草....

地面から2㎝ほど顔を出していました。
一体何でしょう?

地味でイナパクトに欠けますが、クモタケだそうです。
この下を上手に掘り出せば、蜘蛛の死骸があるそうです。
なかなか蜘蛛と判るように掘り出すのは難しいそうで、今回は断念しました。

2016-07-01横浜市内の公園で撮影。
b0194593_9224973.jpg


Wikipediaによると....
クモタケは、子嚢菌門フンタマカビ綱ボタンタケ目オフィオコルジケプス科に属する菌類の一種である。いわゆる冬虫夏草の一つとして扱われる。

だそうです。


記事 by ごま@横浜
# by jbcs | 2016-07-11 06:00 | その他自然に関する話題

身近な蝶 ヤマトシジミのお目目




sippoです。

今日は貴重な梅雨の晴れ間となりましたね。


とはいえ、暑かったですね。

水分塩分をしっかり補給して、

疲れを翌日に残さないようにして


また1週間、頑張りましょうemoticon-0157-sun.gif




ここのところ、ご近所のお友達と遊んでいました。


代表格、ヤマトシジミ






b0194593_22413921.jpg



シジミチョウの複眼ってほとんどの子が真っ黒なのですが

ヤマトシジミはいわゆる「偽瞳孔」



カマキリも同じですね





どこからみても、こちらを見つめているように見える

だから、とても表情豊かに見えますね♪




~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-07-10 22:48 | 季節のチョウたち

里山のひょうきんもの

ヒメウラナミジャノメ♀です。
私の地元では、どこにでも見られます。
道端を歩いていると、ヒョイヒョイと現れてはモデルなってくれます。
日ごろ、「ヒョイヒョイ」とか「ヒメちゃん」と呼んでいます。

表面後翅の眼状紋に変化があるので、いろいろなタイプの個体を探すのも楽しみです。
b0194593_2135763.jpg

この個体は、大きな眼状紋が2つのタイプで、地元では最も普通のタイプ。
b0194593_2141188.jpg


2016-07-01横浜で撮影 by ごま
# by jbcs | 2016-07-04 06:00 | 季節のチョウたち

トウキョウヒメハンミョウ



sippoです。


貴重な梅雨の晴れ間となった週末。

とはいえ暑かったですね><


今年の梅雨 曇りマークは多いけれど

肝心の雨量は? ちょっと心配です。


少し節水を意識して生活していきましょうね。



さて、先日はこの子をたくさん見ることができました。






b0194593_21461336.jpg



「トウキョウ」の名前を頂いたハンミョウ


分布は、東京近郊と 九州の一部とか・・・


ということは、東京の環境が悪くなると

この子も 絶滅の危機に瀕してしまうということ!?


大切にしたいです。。
# by jbcs | 2016-07-03 21:52 | 蝶以外の昆虫たち