<< オオウラギンヒョウモン 異常気象による影響 >>

後背湿地

9月はしばらくロシア極東での調査に出ていました。
日本では北海道でもなければ見ることの出来ない、後背湿地が豊富に残っています。
b0194593_23542658.jpg

海岸や湖の湖岸から砂が打ち寄せられ、川の河口などで、砂浜の内側に湿地ができるものを、後背湿地と呼びますが、日本では真っ先に水田化された場所が多かったものと想定されます。
ここには多くのトンボ類がおり、オオウラギンヒョウモンも見かけ、水田以前の日本の姿をいろいろ想像してきました。
by jbcs | 2010-09-27 23:56 | その他自然に関する話題
<< オオウラギンヒョウモン 異常気象による影響 >>