<< ウラギンシジミ 後背湿地 >>

オオウラギンヒョウモン

ロシアの後背湿地の脇では、キジムシロからチャマダラセセリの幼虫が見つかりました。ここにはオオウラギンヒョウモンの姿もありました。
b0194593_2317440.jpg

ヨモギの草薮が薄くなった場所には、食草であるスミレの株もたくさん目にとまりました。日本ではすっかり減ってしまったチョウですが、牛や馬が豊富なロシアでは、本来低密度ながらもまだ残っています。
by jbcs | 2010-09-28 23:17 | 季節のチョウたち
<< ウラギンシジミ 後背湿地 >>