<< 街でみかけるチョウ COP10開催 >>

ベランダで命をつなぐアゲハ

ベランダの鉢植えのサンショウは、小振りなのにアゲハの産卵場所として人気があります。
マンションの3階にハーブやゴーヤに混じってポツリとあるサンショウを見つけ出す母蝶の能力には毎回感心させられます。

このサンショウは、今年は2度もアゲハの幼虫によって丸坊主にされています。
そしてまた葉が繁り始めてきた頃…
水やりの時にふと見ると、いつのまにか孵化してまもない3mmほどの幼虫が6匹も点在していました。

そして2日後…
またまたいつのまにか、卵が6個産みつけられていました。
前回、前々回は5匹が蛹になる前にサンショウは丸坊主になってしまったので(ユズに移動させて事無きを得ました)、かなりの定員オーバーだな…と苦笑しながら幼虫を数えると、何度丹念に探しても4匹しか見つかりませんでした。
こんなベランダでさえ天敵(今回は蟻か?)に遭うなど自然淘汰が作用して、無事に蝶になるまでの道のりは厳しいようです。
(papilabo)
b0194593_11181548.jpg
b0194593_11105344.jpg
【幼虫はは齧った葉っぱではなく移動して休みます。見ている時には特に蟻がちょっかいを出す様子はなかったのですが…】
b0194593_1111179.jpg
【卵は全部葉裏ではなく表に産みつけられていました。】

by jbcs | 2010-10-14 11:28 | 季節のチョウたち
<< 街でみかけるチョウ COP10開催 >>