<< クロシジミとクロオオアリ 秋のシジミチョウ >>

ツマグロキチョウ

 私が小学生の頃は、多摩川近くの通学路沿いの空き地などで秋になると多くの個体を見ることが出来ました。それから○十年、多摩川周辺ではすっかり姿を消してしまいました。河川敷や荒地に生えるカワラケツメイを食草としていますが、河川改修や宅地開発によりカワラケツメイが生える環境が無くなってしまったことが原因です。先日、昔の通学路を歩いてみましたが、もちろん空き地など無く、住宅街が続くだけでした。
 ただ今でも山梨や静岡では河川沿いに生息していて、その姿を見ると小学生の頃を懐かしく思い出しながらついカメラを向けてしまいます。(kyo-i)
b0194593_21135092.jpg

2010年10月 山梨県
by jbcs | 2010-10-26 00:00 | 季節のチョウたち
<< クロシジミとクロオオアリ 秋のシジミチョウ >>