<< ムラサキツバメの日光浴 インゲンマメ >>

企画展 「チョウは語る~「里山」の変化と消えゆく生きもの」のお知らせ

下記の企画展が始まりました。

「チョウは語る~「里山」の変化と消えゆく生きもの」

期間:11/15 (月) ~ 12/22 (水) 
場所:東京都有楽町駅徒歩3分「自然環境情報ひろば 丸の内さえずり館」(http://www.m-nature.info/index.php) 

 かつては随所に広がっていた、草原や雑木林など「里山」の風景。人々の生活の変化によって「里山」の環境が変わり、身近な場所に生息していた生きものの多くが姿を消しつつあります。チョウもまた、例外ではありません。
 昔の「里山」とは、どのような自然環境だったのか。また、チョウを取り巻く環境は、どのように変化しているのか。写真や豊富な調査データを読み解き、チョウという観点から、人と自然の共存のあり方を考えてみませんか。

★Special 1
セミナー「なぜチョウがいなくなるのか」
12/1 (水) 19:00~20:30
スピーカー:中村 康弘(日本チョウ類保全協会 事務局長)

★Special 2
セミナー「日本の原風景を探す旅~「里山」ができる前」
12/7 (火) 19:00~20:30
スピーカー:永幡 嘉之(自然写真家)

 多くの方々のご来場をお待ちしております。
 セミナーの参加等、詳しくは、(http://www.m-nature.info/index.php) をご覧ください。

※なお丸の内さえずり館は、土日祝日は休館です。
 写真の展示は、12月3日より入れ替わります。

b0194593_14482838.jpg

b0194593_14492543.jpg

b0194593_1450690.jpg
<b></b>
by jbcs | 2010-11-15 14:51 | イベント情報
<< ムラサキツバメの日光浴 インゲンマメ >>