<< エゾゲンゴロウモドキ 日本チョウ類保全協会に入って >>

ゴマダラチョウの幼虫

ぽん太さんの昨日の記事にアカボシゴマダラの幼虫が登場していたので、私はゴマダラチョウの幼虫を037.gif

(尻尾の先がくっついているか、2つに分かれているのかをチェックするのがアカボシゴマダラとゴマダラチョウの幼虫の一番わかりやすい違いだと思います)
b0194593_1785753.jpg
b0194593_179657.jpg
上が11月19日、下が22日に撮影した同個体です。
頭の方だけ越冬カラーの茶色に変わりつつあります。

ゴマダラチョウの幼虫は、エノキの樹から降りて落ち葉の裏で越冬するといわれていますが、まだ葉っぱの上でがんばっていました。
葉っぱが落ちるまでは幼虫も粘るつもりなんでしょうか?
もう少し観察を続けてみます。
b0194593_17352479.gif

19日はポカポカしていたせいか、頭をフリフリしながら日向ぼっこをしていました。
まるで自分の影法師と遊んでいるみたいに。
撮影地:千葉県(papilabo)
by jbcs | 2010-11-26 09:40 | 季節のチョウたち
<< エゾゲンゴロウモドキ 日本チョウ類保全協会に入って >>