<< ジョロウグモ 2010年12月7日 夜7時~... >>

ムラサキツバメの越冬中の悲劇

b0194593_17335290.jpg
これはクロガネモチという常緑の樹です。
先週までは、この樹の葉で越冬するムラサキツバメを見る事が出来ました。
ピーク時には11頭の集団を形成していました。
ところが…
今週の初めに観察に行った時には集団がすっかり消えていました。

心配になり樹の下を丁寧に探してみると…
b0194593_17335482.jpg

無惨にも翅だけが3枚落ちていました。
樹上で鳥に食べられてしまったのか?
それとも先週末の強風と雨に耐えきれずに樹から落ちてしまってから鳥に食べられてしまったのか?

そして全滅してしまったのでしょうか?

…と、辺りを再度見回すとチラチラと見えるブルー。
b0194593_17335385.jpg

少なくとも5頭同時に目にすることができました。
クロガネモチで集団をつくっていた仲間だといいのですが。

越冬中のムラサキツバメは鳥に襲われたり、風雨に耐えきれずに落下してしまったり、落葉樹に集団を作って葉っぱごと落下してしまったり…
と、危険がいっぱいです。
b0194593_17335372.jpg
この2頭は落葉樹のミズキで越冬中です。
周りの葉っぱの多くはすでに下に落ちています。
この葉っぱが散る日はせめて暖かい日でありますように。

撮影地:千葉県(papilabo)
by jbcs | 2010-12-10 17:00 | 季節のチョウたち
<< ジョロウグモ 2010年12月7日 夜7時~... >>