<< ベニシジミの幼虫を探してみました ベトナムのアリグモ >>

イギリスのチョウ類保全

最もチョウ類保全が進んでいる国・・・それは、イギリスです。

日本チョウ類保全協会は、英国チョウ類保全協会とも連携し、
チョウの保全活動を行っています。

英国チョウ類保全協会では、1995年に始まった調査(イギリス
国土全体を10km区画に分け、ボランティアがチョウの種類や数
を数える調査)を行っていますが、そのデータ量は2009年まで
の15年間で500万件以上あり、現在も続けられているそうです!

すごいことです。日本では国土100%の調査は山が深くて無理
でしょうね。

更に、2006年からは、ガの調査も始まっています。ガは、野鳥
のエサとなることや種類が大変多いことから、生態系での大きな
役割が認識されています。

詳しくは、日本チョウ類保全協会に入会して、会報誌「チョウの
舞う自然 会誌12号」をご覧ください(^_^)


◇英国チョウ類保全協会 British Butterfly Conservation Society

b0194593_14375022.jpg


ぽん太
by jbcs | 2011-02-03 19:20 | チョウ類保全の話題
<< ベニシジミの幼虫を探してみました ベトナムのアリグモ >>