<< 北陸のギフチョウさん ベランダのヤマトの幼虫が蛹になった! >>

ヒヌマイトトンボの生息地

b0194593_23462451.jpg

河口部付近の汽水にのみ生息する、ヒヌマイトトンボという小さく可憐なイトトンボがいました。今回の津波で最も影響を受けた昆虫のひとつではないかと思います。生息地のヨシ原はすっかり消えうせ、ほとんどの場所では跡形もありませんが、わずかに根が残っている場所もありました。根が残っていれば、ヨシ原はいずれ復活しますが、表土をすっかり洗い流すほどの強い力がかかった場所に、イトトンボのヤゴがしがみついて残っている可能性は、残念ながらほとんどないのではと思います。海岸部を歩くこと自体、心痛ばかりが重なりますし、足を向けることには多くのためらいがありますが、それでも動植物の変化を記録するモニタリング調査を、すでに始めています。
(福島県にて、2011年4月3日、永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2011-04-09 23:52 | 蝶以外の昆虫たち
<< 北陸のギフチョウさん ベランダのヤマトの幼虫が蛹になった! >>