<< 街でみかけたチョウ♪ 新宿御苑企画展 ご案内 >>

新宿御苑企画展 ~無事終了~



11月27日(火)より開催されました新宿御苑企画展「チョウが消えてゆく」

本日、無事終了いたしました。



b0194593_2182647.jpg


美しい紅葉に包まれた アートギャラリー入口です。







b0194593_2184077.jpg


この日は雨天のため、看板はギャラリー内に








b0194593_2184799.jpg



会員撮影による45点の作品が並びます。


今年度は、3つのテーマが設けられました。

「チョウの表情」 「飛翔」 「自由テーマ」

それぞれのテーマごとに、作品が展開されました。





6日間の期間中

12月1日(土)には、山形在住の永幡さんによる講演

「巨大津波は生態系をどう変えたか」が行われました。



b0194593_219712.jpg



震災後の大変な中、その後1年をかけて東北中を駆け回り調査をし、

浮かび上がった様々な問題について

自然を愛する心  そして何より「生物多様性」の大切さを思う心に

支えられた熱い想いが語られ

実に多くのことを考えさせられました。






土、日両日に渡り、鶴藤さんによる講演「チョウの写真撮影法」が行われました。



b0194593_2191435.jpg


会場に足を運ばれる方々の中にも、

チョウを撮影してみたい!と思われる方が少なからずおられ

器材や、レンズや、様々なシーンにおいての撮影方法など

身振り手振りを混じえて楽しく繰り広げられた講演でした。






最終日12/2(日)には、事務局長である中村さんの講演

「絶滅危機のチョウを守る」が行われました。


b0194593_2192827.jpg


この企画展のたびに訴えていることですが

自然は、年を追うごとに破壊され続けており

その影響を最も受けやすいチョウについて、わかりやすく丁寧な説明が続きます。



一体、何が問題なのか。

そして、この破壊に歯止めをかけるために

費やされている、小さな努力の数々と

それを、今後どのように広げていったら良いのか。


万物の霊長と言われる、私達人間こそ

その力と愛を 

私達が「生かされて」いる大自然に対してこそ、発揮しなければならないと

心から思いました。





b0194593_2193740.jpg


仕切りの奥が、講演会場ともなったスペースです。







b0194593_21104898.jpg


手前のスペースには、チョウ類保全に関する、様々なパネルが展示されました。







b0194593_2110583.jpg




6日間の期間中

本当に多くの方々が足を運んでくださいました。

そして、たくさんの会話をさせていただきました。





b0194593_21111329.jpg


今は冬季・・・

チョウの姿を見たいと思っても、なかなか叶いませんが

来春には、またたくさんの元気なチョウチョたちが見られることでしょう。


是非、目を向けてあげてください。

足元で生きている 小さな、仲間たちに




ご多忙中、今回の企画展にお越しいただいた皆様

本当にありがとうございました。

この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。




また、今回を機にご入会いただいた皆様

本当にありがとうございました。

これから一緒に、チョウチョたちが幸せに暮らす日本を目指して

がんばりましょう(*^-^*)





また来年度も、日本チョウ類保全協会は、「生物多様性」復活のためにも

頑張って努力邁進していきます!



sippo
by jbcs | 2012-12-02 21:55 | イベント情報
<< 街でみかけたチョウ♪ 新宿御苑企画展 ご案内 >>