<< 幼虫から蛹へ変身 2つの出会い >>

啓蟄......ウラゴマダラシジミ孵化始まる

啓蟄(けいちつ)とは、冬ごもりしていた虫たちが外に這い出してくる頃のことだそうです。
今頃のことですね。

今日(3/2)、少し前に見つけたウラゴマダラシジミの卵を調べてみると、穴があいていました。
b0194593_2038917.jpg
|Aは壊れた卵。
|B,Cは孵化後の抜け殻。
|Dは孵化中(幼虫の頭?が見えている)。
|E,Gは小さな穴が空き始めている。
Bの卵は前日既に孵化していたそうです。初齢幼虫はイボタノキの芽にいると思われますが、潰してはいけないので、探すのをやめました。

別の卵塊(昨年の6月から観察中)でも孵化が始まっているようでした。
b0194593_2111676.jpg
(接写できない位置なので300mmX1.4倍&トリミング)

いよいよ春!
ワクワクしますね。

ごま(横浜市)
by jbcs | 2013-03-04 12:00 | 季節のチョウたち
<< 幼虫から蛹へ変身 2つの出会い >>