<< クリスマスにサトキマダラヒカゲ... 飼育中のサトキマダラヒカゲの蛹と幼虫 >>

ウラナミシジミのこどもたち

ごま@横浜です。

11月7日、自宅の近所の萩の周りをウラナミシジミが飛んでいました。
ウラナミシジミは、もう終わりの時期です。
観察していると産卵してます。
ここでは越冬できない(多分)ので、卵を自宅に持ち帰りました。
ほんの気まぐれです043.gif
b0194593_713129.jpg
(ウラナミシジミ卵:2013-11-07撮影)

2週間後の11月21日、初めて幼虫に気がつきました。プラスチックケースの内側を這ってました。
実は、2度ほど餌を補充したものの、忘れていました011.gif
慌てて餌の確保に出かけました。
ご飯である萩の花はもう殆ど見られませんが、辛うじて見つけました。
b0194593_7205735.jpg
(ウラナミシジミ幼虫8㎜:2013-11-21撮影)

寒くなってきたので心配しましたが、その後、順調に育ちました。
最初の卵が4つでしたが、餌として持ち込んだ萩の花に小さな幼虫がいたらしく、8頭に増えました。
b0194593_727555.jpg
(この時点の餌は入手容易な絹さや。左から幼虫8mm、15mm、前蛹:2013-12-8撮影)

翌日、3頭が蛹になってました。産卵から約1ヶ月です。
b0194593_7433830.jpg
(2013-12-09撮影)

更にその後、
12月18日時点で、いつの間にか13頭(蛹6、終齢5、中齢2)になってました。039.gif
ここまでは順調ですが、寒いのでこの先が心配です。
蛹で室内越冬して、春に羽化してくれると嬉しいです。
by jbcs | 2013-12-23 06:44 | 季節のチョウたち
<< クリスマスにサトキマダラヒカゲ... 飼育中のサトキマダラヒカゲの蛹と幼虫 >>