<< コチャバネセセリ ヒメシロチョウ >>

ふたり?の関係

ツノゼミとアリ

草の葉の上にとまっているのは、ツノゼミの仲間です。

なにやら興味深々な様子なのが、おそらくクロクサアリです。

アリの仲間は、ツノゼミの幼虫と共生関係にあるそうですねっ。

この子は、もう成虫なのに...。

↓下の画像は、クリックすると大きく表示されます。
b0194593_13361115.jpg


なお、オビマルツノゼミかもしれませんね。

このサイトⅢ月紀・修羅によると
オビマルは夏に成虫が羽化し、秋には産卵を終えて成虫は死に絶える。トビイロは逆に秋に成虫が羽化し、成虫で越冬する。原則、夏前に幼虫なのがオビマル、夏後に幼虫なのがトビイロで、両種は同時期に幼虫が存在しない。


だそうです。

ぽん太 横浜
by jbcs | 2014-05-29 14:00 | 蝶以外の昆虫たち
<< コチャバネセセリ ヒメシロチョウ >>