<< ジャコウアゲハ幼虫の様子 特技 >>

ヒメウラナミジャノメ(産卵から蛹化)

ヒメウラナミジャノメは好きなチョウのひとつです。
何と言っても、飛び方が可愛らしい。

実は、卵を見たくて、ずっと尾行してきました。
沢山いるので簡単そうですが、実際に追跡を始めると予想外の苦戦でした。

ヒメウラナミジャノメは、草の中に潜って産卵するのと、食草に産まないことが多いため、産卵したように見えても、産卵位置が判らないことが多いのです。

この日(2014/8/3)も、ヒメウラナミジャノメを見つけたので、観察を開始。
葉っぱの上で静止するヒメウラナミジャノメ母蝶。なかなか産卵を始めてくれません。
b0194593_2132682.jpg

暫く観察していると(実際には1時間ほど)、産卵の時が来ました。母蝶が草の中に潜ったので、覗き込んでいると、腹部を丸めて産卵しているのがわかりました。産卵したらしい位置を調べて見ると、シダの葉裏に淡いブルーの卵がありました。初めて見る卵に感動~053.gif
b0194593_21323117.jpg


持ち帰った卵は、4日後の8/7ころ孵化したらしく、初めて幼虫をみつけた8/9には体長4.5mm、8/14には7mm(↓)でした。
b0194593_2153757.jpg

8/26には18mm(↓)に達しました。
b0194593_2154563.jpg

その後、9/2朝前蛹(↓)、
b0194593_21562540.jpg

その夜、蛹化しました(↓)。
b0194593_2212786.jpg

無事羽化してくれることを祈るばかりです。

2014/08/03~2014/09/02撮影 by ごま@横浜
by jbcs | 2014-09-08 06:00 | 季節のチョウたち
<< ジャコウアゲハ幼虫の様子 特技 >>