<< 年の瀬に寄せて ジャノメチョウが孵化 >>

飼育中のヒカゲチョウが羽化

寒くなりました。
横浜では、屋外で見られる蝶は成虫越冬中のムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ウラギンシジミくらいです。

今回の写真は、既にご紹介済みの飼育中のヒカゲチョウの続報。
12/19羽化しました。産卵日が9/26で、以降、卵期5日、幼虫期63日、蛹期16日。合計84日になるので3か月弱となります。

写真は、蛹殻で上から順に側面、背面、腹面。
b0194593_1322835.jpg

b0194593_1324165.jpg
b0194593_132524.jpg

羽化したヒカゲチョウ。リリースする訳にもいかないので、当面室内で過ごしてもらいます。
餌は、希釈したポカリスウェットとミカンです。
b0194593_133558.jpg

★もう1頭、一緒に終齢になった個体がいますが、蛹化が5日あとだったので、羽化は12/24ころと予想しています。
★他にもう1頭。12/8に持ち帰った15mmほどの若齢幼虫は全く動きません。越冬にはいりました。

記事 by ごま
by jbcs | 2014-12-22 06:00 | 季節のチョウたち
<< 年の瀬に寄せて ジャノメチョウが孵化 >>