<< スジグロシロチョウ羽化 雨宿り >>

トラフシジミ(産卵から幼虫、蛹へ)

2015/6/15横浜市の公園にて、トラフシジミがネムノキにやってくる。
観察していると花芽に卵を産んだ。意外だった。
b0194593_1840235.jpg

b0194593_18555225.jpg

(中央がトラフシジミ卵。左下はルリシジミ卵)
トラフシジミは、幅広い食樹/食草を持つことが知られている。
フィールドガイド「日本のチョウ」にも、フジ、クズ(マメ科)、ウツギ(アジサイ科)、ノイバラ(バラ科)、ナツハゼ(ツツジ科)、ミズキ(ミズキ科)などが食草として並んでいる。
雑食のようなので、ネムノキも食べそうにも思われるが、調べてもネムノキが食草とは書かれていない。

ネムノキに産まれた卵を持ち帰って観察することにした。産卵から4日後の6/19孵化。孵化に備えて、ネムノキとリョウブの花を一緒に与えたが、ネムノキの花だけを食べた。
初齢幼虫2mm。
b0194593_18473871.jpg

その後もネムノキの花を食べて順調に育ち15mmほどになった。
b0194593_18495583.jpg

孵化から12日後の7/1蛹化した。
b0194593_1852332.jpg

この個体は、夏型(2化)の子供なので、もし年内に羽化すれば3化ということになる。
通常は、年1~2化だが、飼育の場合は3化もあるのだろうか。

2015/6/15~7/1横浜にて撮影 by U氏&ごま
by jbcs | 2015-07-06 06:00 | 季節のチョウたち
<< スジグロシロチョウ羽化 雨宿り >>