<< ”チョウが消えてゆく~絶滅の危... 12月のツマグロヒョウモン >>

ちょっと季節はずれだけれど......

10/22都内でゴマダラチョウの幼虫22mmを見つけて持ち帰った。
10/30脱皮(恐らくこれで終齢)。
b0194593_19183851.jpg

屋外のエノキの葉が色づき始めたので、餌の確保に不安があったが、11/22無事に蛹化してくれた。蛹の全長は25mm。標準サイズ(30mm程度)よりもかなり小さい。
b0194593_19193296.jpg


それでも蛹化から10日後の12/2朝、前翅の模様が透けて見え、腹節も伸びている。羽化間近だ。
b0194593_19141822.jpg

じっと観察していたい気持ちもあったが、外出......。

夕方帰宅すると、羽化していた。じっとして動かない。
b0194593_19143048.jpg


夜になって動き出した。開翅した無垢の翅表が眩しい。
b0194593_22222196.jpg

外は寒いので、屋外に逃がすわけにもいかず。室内で過ごしてもらうほかなさそうだ。
早速、スポーツ飲料を準備した。

写真と文章 by ごま

<追記12/15>
その後、タテハ類にはスポーツ飲料は良くないという話を聞いて(理由は上手く説明できないが、樹液を吸うタテハ類では糖の分解ができないとか)、薄めたヨーグルト飲料に変更。12/15時点で健在。春まで生き延びて欲しい。
by jbcs | 2015-12-07 06:00 | 季節のチョウたち
<< ”チョウが消えてゆく~絶滅の危... 12月のツマグロヒョウモン >>