<< ゴマダラチョウと・・・ み~つけた! >>

「春の裏高尾 チョウの観察会2016」のご報告です

5月15日(日)、日本チョウ類保全協会主催の「春の裏高尾 チョウの観察会2016」が開催されました。

天気予報では、「晴れ時々曇り」でしたが、歩き始めた時は「曇り」。
チョウが飛んでくれるか一抹の不安を感じながら、ぼちぼち歩き始めました。
b0194593_22291934.jpg

黒いネットを手にしているのは、ガイドスタッフのIさん。
観察のために一時キャッチしてリリースという試みをしましたが、実際には
このシルクのネットの活躍のシーンは、なかなかなかったです。

今年は、季節の進みが少し早いのか、ヒメウツギもミツバウツギも花がおわってしまって、
チョウの進みも早いと思われました。
でも、コミスジがスイースイーと飛んで来たり、高いところを黒いチョウが飛んだりしました。
すると、なにか発見。
b0194593_22372186.jpg

黒いアゲハに擬態している「アゲハモドキ」という蛾でした。
ジャコウアゲハの♂に似ていますね。

11時過ぎから、だんだんと日が射してきて、観察に撮影に忙しくなってきました。
b0194593_2234016.jpg


参加したRくんは、チョウの卵の捜索隊長です!
b0194593_2383053.jpg


ガイドスタッフのSさんは、卵のマクロ撮影。
b0194593_2314884.jpg

今回、オナガアゲハの卵を発見できたのが、収穫でした。
発見にご協力してくださった参加者の皆さま、ありがとうございました。

そして、クモガタヒョウモンは、一昨年と同じ場所で吸水していました。
b0194593_2257135.jpg


コチャバネセセリは、ハルジョオンでお食事中。
b0194593_22573588.jpg


梅林の奥では、オナガアゲハがダンスをしていました♡
b0194593_22575763.jpg


最初の広場まで戻ってきて、見れたチョウを確認する「蝶合わせ」。
b0194593_22584483.jpg

今年は、31種類のチョウが観察できました。

そのあと、山梨のゴマシジミ保全の活動紹介。
b0194593_22591989.jpg

ボランティアスタッフは、いつでも募集をしております。

こちらは、出発前に撮った集合写真です。
b0194593_22594729.jpg


参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。

5月の木下沢林道は、30種類以上のチョウに会える貴重な場所ですね。
この自然がいつまでも続くように祈っています。


事務局  井上◇”◇

(写真撮影・・・観察会の様子:益永氏  チョウ:井上)
by jbcs | 2016-05-19 21:39 | 活動報告
<< ゴマダラチョウと・・・ み~つけた! >>