カテゴリ:チョウ類保全の話題( 15 )

「第13回 チョウ類の保全を考える集い」開催しました

2月11日(土)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、「第13回チョウ類の保全を考える集い」が開催されました。

朝の冷え込みは厳しかったですが、いいお天気で集い日和になりました。

ボランティアスタッフさんは、早めに集合。
会場設営や受付にスタンバイしていただきました。
受け付け開始時間になると、ご参加の方が続々とお見えになりました。
b0194593_16253446.jpg


開始時間になり、松村代表理事のあいさつの後、講演が始まりました。
b0194593_15165114.jpg

b0194593_16263190.jpg


午前中は、「外来種はなぜ悪いのか~昆虫の世界に見る外来種の影響~」というテーマについて、ふじのくに地球環境史ミュージアムの岸本年郎氏による「昆虫の世界で起こっている外来種問題」と、アリ研究家の砂村栄力氏による「アルゼンチンアリは何を起こしているのか」の講演でした。

岸本氏の講演では、「外来生物はその存在そのものが問題なのではなく、侵略的な外来種が深刻な被害を引き起こすことが問題であることを強く認識する必要がある」という言葉が心に残りました。
b0194593_189219.jpg

このカラフルな「リュウキュウツヤハナムグリ」も外来種で、土壌生態系に大きな影響を与えることも懸念されるそうです。
b0194593_15175955.jpg
(岸本氏講演資料より)

砂村氏のアルゼンチンアリのお話は、その生態から対策までわかりやすかったです。
b0194593_1894519.jpg

スーパーコロニーの説明で、ハートマークがいっぱいのパワポ画面が素敵でしたが、喜んでいる場合ではありませんね。。。
b0194593_16275996.jpg
(砂村氏講演資料より)

お昼の時間帯には、NPO法人日本チョウ類保全協会の総会が開催され、正会員の方にご出席いただき、無事に承認されました。

午後の部の前半は、まず、韓国から来日してくださった金聖秀(Kim,Sung-Soo)氏(Research Institute for East Asian Environment and Biology)による「韓国におけるチョウの現状と保全」の講演です。
b0194593_15214875.jpg
(金氏講演資料より)

韓国語でのスピーチでしたが、韓国から同行された左明恩(ザ ミョンウン)さんが、わかりやすく日本語に訳してくださいました。
b0194593_15202280.jpg
<右:金聖秀氏  左:左明恩氏>

韓国のチョウの特徴、チョウ類研究の歴史、日本と同様に草原のチョウが減少していることなど、興味深いお話をたくさんしていただきました。
b0194593_16284485.jpg

韓国では、まだチョウの保全活動に関して民間レベルでの活動はないそうです。
今後も、金先生と当協会が情報交換をさせていただきたいと思いました。

次は、名古屋昆虫同好会の高橋昭氏による「かつての自然の『豊かさ』~チョウから描く環境の変化~」の講演でした。
b0194593_17141542.jpg
ご高齢にもかかわらず、遠方よりいらしていただき、貴重なお話をしていただきましたことに大変感謝しております。
b0194593_16314422.jpg
(高橋氏講演資料より)

お話を聞いて、その風景を頭の中で描いてみました。
タイムスリップして、そこに飛んでいきたい気持ちになりましたが、現実に戻って、
できることを地道にコツコツやっていこうと思いました。

ここで、休憩時間。

その休憩時間の間には、ボランティア説明会がありました。

ここでは、①生息状況調査班(鶴藤氏)、②ツシマウラボシシジミ班(永井氏)、③事務局ボランティア(井上)が担当して興味のある方に集まっていただき、説明しました。
b0194593_164039100.jpg

各班ともに、数名の方にご登録いただきました。どうもありがとうございます。
このボランティアは、随時募集しておりますので、興味のある方は当協会事務局までお問い合わせください。

休憩の後の午後の部は、

北信濃の里山を保全活用する会の福本匡志氏による「長野県飯山のオオルリシジミ」と、公益財団法人東京動物園協会多摩動物園の古川紗織氏による「オガサワラシジミの生息域外保全の取り組み」の講演でした。

オオルリシジミの保全活動では、具体的な保全活動の他に、生息地の草原資源(カヤ)を活用した保全の試みが紹介されました。
b0194593_16335796.jpg

b0194593_18121039.jpg

生息地のススキは、茅葺き屋根の素材(カヤ)としての品質が良いそうで、ススキを刈り取って屋根業者に買い取ってもらい、保全活動の資金にしているそうです。その草地資源の積極的な活用は、素晴らしいと思いました。

オガサワラシジミの生息域外飼育活動については、大変な試行錯誤の連続があり、今も試みが続けられていることがわかりました。
b0194593_18141219.jpg

現地で、ブルーの宝石がたくさん飛ぶ日が来ますように、祈っています。
b0194593_17152113.jpg
(古川氏講演資料より)

最後は、当協会より活動報告。

絶滅危惧種保全では、ツシマウラボシシジミの飼育繁殖活動について、事務局塩氏より報告がありました。
b0194593_16352116.jpg

ツシマウラボシシジミは通称「ツッシー」と呼ばれています、その活動を支えているのがツッシーチームの皆さんです。
年に3回のデリケートな飼育繁殖作業は大変ですが、このチームのおかげで、ツシマウラボシシジミは命をつないでいます。
これからも活動は続きますので、応援宜しくお願いします。

庭のチョウ類調査は、事務局永井氏より2016年度のデータの報告がありました。
まだ参加者が少ない状況ではありますが、4年目になり、常連のチョウや動向が気になるチョウも見えてくるようになりました。

今年も調査は続きますので、皆さまも「庭のチョウ」で検索していただき、ぜひサイトをのぞいてみてください。
そして、ご参加いただけたら嬉しいです。

イベント等の開催や出展方向は、事務局井上(私)よりご報告しました。
今年も、春・秋の観察会、12月の写真が中心の展示会など行いますので、ご参加お待ちしております。

各種保全事業・保全支援事業につきましては、事務局長中村より報告がありました。
絶滅の危機にあるチョウは年々増えており、全てには手が回らない状況ではありますが、
皆様のお力を借りながら頑張ってまいります。
そして、引き続きのご協力をお願いして、閉会となりました。
b0194593_16413945.jpg


長時間にわたり、たくさんの方にご聴講いただきましたこと、感謝いたしております。
また、講演者の皆さまには、お忙しい中大変興味深い講演をしていただきまして、ありがとうございました。

閉会後には、懇親会も開催され、楽しいひと時を過ごしました。
b0194593_17174849.jpg


来年も、同時期にこの「チョウ類の保全を考える集い」を開催する予定です。

それからやはり同時期に「関西・中部地区のチョウ類の保全を考える集い」(今年は、2月4日に開催済)も開催しております。

そのほかのイベントなどにつきましても、随時ホームページなどで広報しております。

長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

日本チョウ類保全協会
事務局 井上◇”◇

          (写真撮影:益永、井上)
by jbcs | 2017-02-22 17:45 | チョウ類保全の話題

「第12回 チョウ類の保全を考える集い」のご報告です

先日、このブログでもご案内しましたが、2月13日(土)に国立オリンピック記念青少年総合センターにて、「第12回 チョウ類の保全を考える集い」が開催されました。

昨年まで2日間のプログラムで開催しておりましたが、今年は1日に内容を凝縮しての開催です。
受付も、保全協会スタッフ、サポートメンバー勢ぞろいで、ご来場の皆さまをお出迎えしました!
b0194593_17244459.jpg
午前中のテーマは
~貴重なチョウの生息地である草原をどう維持していくか?~です。
「草原の歴史と現状」         小椋純一氏(京都精華大学)
「チョウから草原の質を読み解く」   永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)

午前中から、多くの方がご参加くださり、皆さん熱心に聴講されていました。
b0194593_17241070.jpg
普段の生活ではなかなか「草原」について考えることはないですが、草原性の動植物がヒトの手の加わった半自然草原に生息していたことがわかりました。

午後のテーマは、
~地球温暖化とチョウを考える~
「地球温暖化でチョウの分布がどう変化するか?」  松葉史紗子氏・宮下 直氏(東京大学)

~チョウ類の保全活動報告~
「北海道遠軽町のアサマシジミ」  喜田和孝氏(丸瀬布昆虫生態館)
「八ヶ岳のミヤマシロチョウ」   福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会)

午後になってからも参加者は増え、用意したレジュメも足りなくなって、コピーしてお渡しするほどでした。
b0194593_17251846.jpg
地球規模での気候変動の影響を2080年まで推定した結果は、決して明るいものではないけれど、このように大きく推定することで、進む方向性を考えることは大事と思いました。
各地の保全活動報告では、「たかが虫一種」というところから、たくさんの組織を巻き込んだ動きにつながった事例に感動し、また、八ヶ岳の事例は地元の会の方の努力に頭が下がりました。

午後の休憩の時間には、「協会ボランティア説明会」があり、たくさんの方がボランティア登録してくださいました。
このボランティア登録は、今後も継続して受付いたしますので、事務局までお問い合わせください。

休憩のあとは
~農地における生物多様性の保全を考える~
「ネオニコチノイド系農薬とチョウ類の減少~イギリスでの事例~」 中村康弘氏(本会事務局)
「農業と生物多様性~地域での取り組み~」            高橋 淳氏(鮭川村自然保護委員会)

目に見えない農薬の影響が、徐々に解明されてきている事例が紹介されました。
普段ガーデニングなどで使っているお手軽なスプレー剤にもネオニコチノイド系農薬が使われていることがわかり、これからは裏のラベルも見なくては!ということと、やはり、国レベルでその使用を検討すべきと思いました。

そして、最後は「保全協会の保全活動の状況と今後の方向性」を事務局の中村より、ツシマウラボシシジミの保全についてをボランティアスタッフの塩氏、庭のチョウ類調査を事務局永井より報告があり、皆さまにご協力をお願いして、閉会となりました。
b0194593_17253685.jpg
b0194593_17260070.jpg
お忙しい中講演くださいました皆様には、有意義な内容を拝聴させていただき、感謝申し上げます。
ご来場くださいました会員の皆さま、ホームページやチラシ、facebookなどをご覧になって足を運んでくださった一般の皆さま、どうもありがとうございました。
今後も日本チョウ類保全協会は、チョウを指標に生物多様性を守る活動を継続していきますので、ご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


事務局  井上◇”◇
E-mail : jbutterflyconservation@gmail.com



by jbcs | 2016-02-18 16:03 | チョウ類保全の話題

2月13日に「チョウ類の保全を考える集い」が開催されます!

ホームページでもご案内しておりますが、来る2月13日(土)に、「第12回チョウ類の保全を考える集い」を開催します。

昨年までは、2日間のプログラムでしたが、本年は1日のみの開催になりました。
1日でも、内容はチョウや生物多様性の現状と保全に関することがギューっと詰まっております。

会員の方も、一般の方も、どなたでもご参加できますので、皆さまのご来場をお待ちしております。

イベントの詳細は、下記になります。

※懇親会のご参加も受付中ですので、お申込みお待ちしております♪  (事務局 井上)

b0194593_23285169.jpg

<第12回 チョウ類の保全を考える集い ご案内>


日時:2016年2月13日(土) 10:30~17:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
   研修室309(センター棟3階)

プログラム:
10:00~      チョウ類の保全を考える集い 受付開始

10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意

10:45~11:50  貴重なチョウの生息地である草原をどう維持していくか?
           「草原の歴史と現状」
            小椋純一氏(京都精華大学)
           「チョウから草原の質を読み解く」
            永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)

11:50~13:00  昼食

13:00~14:00  地球温暖化とチョウを考える
           「地球温暖化でチョウの分布がどう変化するか?」
           宮下 直氏・松葉史紗子氏(東京大学)

14:00~15:00  チョウ類の保全活動報告
           「北海道遠軽町のアサマシジミ」 喜田和孝氏(丸瀬布生態昆虫館)
           「八ヶ岳のミヤマシロチョウ」  福田勝男氏(茅野ミヤマシロチョウの会)

15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)

15:30~16:30  農地における生物多様性の保全を考える
           「ネオニコチノイド系農薬とチョウ類の減少~イギリスでの事例~
           中村康弘氏(本会事務局)
           「農業と生物多様性~地域での取り組み~」
           高橋 淳氏(鮭川村自然保護委員会)

16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
           ・絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミほか)
           ・庭のチョウ類調査 ほか
17:45        閉会

18:00~20:00(中締め19:30)  懇親会(同会場内のレストラン「カフェ・フレンズ」) 会費3,500円

○参加申し込み
  参加費:1,000円
  関心のある方は、どなたでもご参加できます。
  参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しください。

 また、終了後、18:00から同会場内のレストランにて懇親会を開催します(会費3,500円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月7日までに事前のお申し込みをお願いいたします。
 申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com

□会場までの道順
(国立オリンピック記念青少年総合センター:東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
 会場は、センター棟3階の研修室309です。オリンピックセンターは広いですが、施設の案内は充実しており、すぐにわかるようになっています。
●鉄道利用の場合
・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分(急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)。
・乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。
●車利用の場合
都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、新宿ランプより約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)ので、できるだけ公共交通機関でお越しください。

□宿泊案内
 会場となる参宮橋近くの新宿駅などには多くのビジネスホテルがあります。参加者ご自身で宿泊のご予約をお願いいたします。



by jbcs | 2016-02-04 23:51 | チョウ類保全の話題

ツシマウラボシシジミ

ツシマウラボシシジミは、日本では対馬だけに生息するチョウです。食草(ヌスビトハギなど)が鹿に食べられたことなどにより、絶滅が心配されています。当協会では、数年前からツシマウラボシシジミの保全を進めています。私自身も2014年の秋から繁殖飼育メンバーに加わっています。

裏面の模様は♂と♀で違いがありませんが、♂の表面は青い輝きがあるのに対し、♀は焦げ茶色です。
上から順に♂表、♂裏、♀表、♀裏。
b0194593_659345.jpg
b0194593_6591366.jpg
b0194593_6592184.jpg
b0194593_6595173.jpg

卵は食草の蕾・若葉・実などに産まれます。直径は0.6mmほどですが、拡大して見ると綺麗な凹凸模様があります。
b0194593_715026.jpg

産卵から4~5日で孵化します。初齢幼虫の体長は1.5mmほど。長い毛が生えています。
b0194593_741394.jpg

幼虫は、淡緑色~綺麗なピンク色を帯びた淡緑色になります。終齢幼虫の体長は12mmほどになります。
b0194593_711995.jpg

蛹は緑色で体長7.5mmほど。食草の茎などで蛹化します。
b0194593_71517100.jpg


現在、都内で300頭ほどの幼虫が概ね順調に越冬中。
対馬の生息環境も徐々に改善しつつあります。
暖かくなると蛹化が始まり、続いて羽化となるので忙しくなります。

(ごま@横浜在住)
by jbcs | 2016-02-01 07:27 | チョウ類保全の話題

足立区生物園

足立区生物園チョウの温室にツシマウラボシシジミを見に行ってきました。飼育での交配作業が一段落したので温室で一般にも見られるようにしたそうです。
チョウの温室に遊びに来た家族連れと一緒にツシマウラボシシジミを撮ってみました。
b0194593_1493286.jpg

b0194593_14102373.jpg

b0194593_14103996.jpg

b0194593_14105651.jpg

ここのツシマウラボシシジミの飼育繁殖には、10名ほどの本協会会員の方にご協力をいただいています。
現在も、ご協力をいただける方を募集しているそうなので、ツシマウラボシシジミの飼育作業にご協力をいただける方がおられましたら、保全協会事務局までご連絡をください。(kyo-i)
by jbcs | 2015-07-21 08:00 | チョウ類保全の話題

ワレモコウが育っています

今年の春は、4月なのに雪が降ったりと、天候不順ですね。

天候がどうあれ、植物たちは土の中でじっと春を待ち、根を張り芽を出して、えらいなーと思います。

昨年4月24日にアップしたワレモコウの芽が、1年たって、こんなに大きくなりました!

b0194593_16205981.jpg


この調子なら、今年は花をつけそうです。

このワレモコウが、保全地で活躍できる日が来るといいな、と思っています。


神奈川県   はる
by jbcs | 2015-04-16 16:27 | チョウ類保全の話題

ワレモコウの芽

昨年秋にゴマシジミの保全地で採集してきたワレモコウの種を
3月中旬に蒔きました。

なかなか芽が出ないな~と思っていましたが、やっと1つ出ました!
本葉は、イッチョマエにワレモコウらしくなっています。
b0194593_23074664.jpg
その後、2つ芽が出ましたが、これらが育って花が咲くのは、早くて2年後だそうです。

このワレモコウを保全地に移植できる日まで、枯らさないで育てたいと思っています。


神奈川県  はる



by jbcs | 2014-04-24 07:00 | チョウ類保全の話題

身近な保全


小笠原での保全活動報告を読んで、考えました。

直接、何もできない私たちにもできることって?


私は常日頃、様々なフィールドを歩きます。

時には、その地の管理者に声をかけられることも。


そして、お話する中で、植物と昆虫との関わり合いについては

知らない人も以外に多いことに気づきました。


私もまだまだ知識は浅いのですが

お話すると、ほおと驚かれることも。



だから、今後またどこかのフィールドで どなたかと出会い お話しする機会があったら、

その時々の状況で、保全に繋がるような話をしようかなって、思いました。



つい最近、自宅の近所で、近隣住民から愛されていた

とても綺麗なお花を毎年咲かせていた 源平桃がばっさりと切られてしまい

残念に思っていたところでした。

(線路沿いだったので、環境美化のためでしょうか・・・)




もし 近隣住民が力を合わせて 伐採反対の署名でもしたら

あの木は 守られていたのかもしれないと思うと


ひとりひとりの「想い」を 口にして 行動に移すことも、

また大きな力に繋がるような気がしました。






b0194593_2147581.jpg



画像は本日撮影の、満開の白梅




sippo
by jbcs | 2014-03-16 21:48 | チョウ類保全の話題

第10回「チョウ類の保全を考える集い」が開催されました

 
2月15日(土)~16日(日)の2日間、国立オリンピック記念青少年総合センターにて
第10回「チョウ類の保全を考える集い」が開催されました。

前日に降った大雪が残る中、たくさんの方が会場まで足を運んでくださいました。
b0194593_16315154.jpg
<二日目の朝 センター棟前の様子>

講演を依頼していた方の中には、交通事情により来れない方がいらっしゃいました。
そのためプログラムの一部変更はありましたが、各方面で調査・研究されている方の
お話をいろいろと聞くことができました。
b0194593_16453732.jpg

1日目は、
①チョウの保全活動のあらましと活動報告
②「蝶の民俗館」の紹介
③蛾の魅力をたっぷり語る
④北海道のアサマシジミの現状
⑤参加者交流のグループワーク

夜は、懇親会。

2日目は、
①シカによる生態系被害
 ・原生林をシカが滅ぼす
 ・いまもっとも危機的なチョウ、ツシマウラボシシジミ
②東京都のチョウとその動向
③神奈川県秦野市の渋沢丘陵の開発問題
④「信州昆虫資料館」の紹介
⑤明治神宮に残る自然環境ー昆虫類を切り口に
⑥身の回りのチョウを語ろう
 ・庭のチョウ類調査とその結果
 ・バタフライガーデニングの実際
 ・当協会で取り組むモニタリングの方向性


当協会は、チョウをシンボルとして、身の回りの自然環境を保全しています。
各地の活動の様子も、紹介されました。
b0194593_16535495.jpg
また、最近の大きな問題は、シカによる被害です。
このツシマウラボシシジミという小さなチョウも、シカに食草を食いつくされ、いま危機的な状況です。
b0194593_16574971.jpg
b0194593_17192686.jpg

それから、渋沢丘陵の霊園開発問題です。環境省によって「里地里山保全再生モデル地域」に選定され、神奈川県
の地域環境評価書でA-1「地形、水系、緑を一体として保全する必要がある」と判定された貴重な自然環境が拡が
り、秦野市の緑の基本計画では「渋沢地区保全配慮地区」に指定されているのにもかかわらず、開発が進みそうに
なっています。
当協会も、オオムラサキの幼虫調査などで協力しています。
最近の新聞記事では、県に開発許可を答申する時に「貴重種に配慮した生物多様性の環境保全に努める」との
付帯事項を盛り込むこととなった事が出ていました。これは異例なことだそうで、反対運動の効果が少しでも
あってよかったです。
b0194593_17454140.jpg
最後に、昨年から取り組んでいる「庭のチョウの調査」関係の報告もありました。
もうすぐ「庭のチョウ~身近なチョウを楽しもう~」というガイドブックも出来ますので、会員の方には
お送りする予定です。
多くの方に、身近なチョウに関心を持つきっかけとして、たくさんの方に調査に参加していただけることを
願っています。
b0194593_17184558.jpg

私の拙い文ではお伝えしきれませんが、大変に熱い思いのこもった2日間でした。

ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

また、ご興味を持たれた方は、是非「日本チョウ類保全協会」へのご入会をご検討いただけますようお願いします。



神奈川県    はる


by jbcs | 2014-02-20 07:00 | チョウ類保全の話題

頑張れ!ヒョウモンモドキさん

ヒョウモンモドキさんが、「種の保存法」(え~っと、ホントはもっと難しい名前の法律)で守られる種に指定されるんですね。
難しいことは分らないけど、ずっと生き残ってほしいので、京子は賛成!

詳しくは、環境省さんの報道を見てね。
指定されると採取することは禁止になるようですけど、住んでいる場所とかも守ってもらえるのかなぁ~ だといいなぁ~
b0194593_21275059.jpg

この写真はね、以前に広島県で京子が撮ったものです。
頑張れ!ヒョモンモドキさん。
by jbcs | 2011-02-21 09:18 | チョウ類保全の話題