カテゴリ:チョウについて( 20 )

何蝶・・・?




娘がいきなり差し出した、チョウチョの絵。




b0194593_2121985.jpg



昆虫館の記憶でも残っているのかなあ。

お花は、ランタナみたいだね。


さて、チョウチョは何かな!?


ゴマダラチョウではないと思うけど?037.gif




sippo
by jbcs | 2014-11-02 21:28 | チョウについて

足立区生物園にお邪魔しました

ごま@月曜日担当です。

知人から、足立区生物園のカバタテハの羽化が始まったとの連絡をいただいた。
チョウは自然のフィールドで撮りたいと思っているものの、近年カバタテハは沖縄に行っても見られない。
とういうわけで、早速お邪魔することにした。

チョウが舞う大温室は、思ったよりも大きかった。チョウの数もとても多い。
オオゴマダラ、ツマムラサキマダラ、ツマベニチョウ、クロテンシロチョウなどが沢山! 
次々と現れるチョウに夢中になってしまう。

やはり主役は大きなオオゴマダラだろうか。
b0194593_5453429.jpg

ツマムラサキマダラ♂の新鮮個体がいた。翅表を見せてくれた。
b0194593_546038.jpg

ツマベニチョウ♀。フィールドでの撮影にはいつも苦労するが、ここでは簡単。
b0194593_5464548.jpg

クロテンシロチョウ。可愛らしい。
b0194593_5472223.jpg

お目当てのカバタテハもすぐに現れた。
b0194593_5495443.jpg


蝶たちを追いかけていると、産卵にも立ち会うことができた。

カバタテハ
b0194593_556071.jpg
ツマベニチョウ
b0194593_556266.jpg
クロテンシロチョウ
b0194593_557137.jpg
ツマムラサキマダラ
b0194593_5575120.jpg
リュウキュウアサギマダラ
b0194593_558625.jpg

観察できたチョウは、15種。
撮影に夢中になってしまい、あっというまに一日が終わってしまった003.gif

是非また訪れたい。
by jbcs | 2014-05-05 22:53 | チョウについて

迷子のイモムシくん

ごま@横浜です。

いつものフィールド。
道端にはイモムシだらけ。

蝶好きなら、イモムシは平気のはずですが、私は少し苦手です。
特に毛むくじゃらのイモムシには鳥肌がたちます。
b0194593_7551483.jpg

道端のイネ科の葉にいたこのイモムシ、普通なら見つけてもそのまま通り過ぎるところです。
見ると草履虫の形....何となく愛らしく感じて....。
シジミチョウの幼虫ですよね....何でしょう?
黄緑色で目立った模様はありません。体長13mmでした。
出した結論はアカシジミ。頭上の高いコナラの木から落ちたのでしょう。
今後の観察に都合のいい場所のコナラかクヌギに移すことにしました。
b0194593_841747.jpg

クヌギの幼木に乗せました。これからの観察が楽しみです。
ちょっと目立つ場所なので、誰かが持ち帰らないか心配です。


<おまけ>
現在、ミドリシジミの幼虫が沢山みられます。体長は大きい個体で15mmほどです。
ウラゴマダラシジミは、7頭観察中です。もう17㎜あるので、蛹化も近いでしょう。
みんなで見守ってます(^_^)/

撮影:2013-04-25(横浜市)
by jbcs | 2013-04-29 06:00 | チョウについて

子供たちを見つけました(^_^)/ =ウラゴマダラシジミ幼虫=

ごま@横浜市です。
春ですね。

4週間前、孵化が始まっていたウラゴマダラシジミ卵の続報です。
接写できる位置に産み付けられた7卵のうち、無事孵化したのは4卵でした。
その後、通り掛かるたびにチェックしてきましたが、幼虫は見つかりませんでした。

この日、そろそろ見つけやすい大きさになったろうと思って再探索です。
卵の位置の近くを中心探しましたが見つかりません。
諦めかけたとき、隣の枝に小さな緑色のワラジ虫が目に入りました。
大きさは6mmほど。まだ小さいですが立派にウラゴマダラの形です。

孵化から約4週間経っていますが、こんな大きさだったんですね。
大きさが判ると、次の個体の捜索も容易になります。
結局、みんなで写真を撮りながら4頭見つけました。
何と可愛いんでしょう! みんな兄弟かもしれません。
b0194593_18545089.jpg
b0194593_1855180.jpg

無事大人になるまで見守っていきたいと思います。
例年通りなら、羽化は6月初旬ですが、今年は少し早いかもしれません。
楽しみです。


ごま(横浜市)
by jbcs | 2013-04-01 08:02 | チョウについて

何のたまごでしょう~か?

冬の楽しみは卵探しという方も多いでしょう。
そんな皆さんに問題です。次の5枚の写真は、それぞれ何の卵でしょう?026.gif

[a]
b0194593_2091396.jpg

[b]
b0194593_2010413.jpg

[c]
b0194593_20105195.jpg

[d]
b0194593_20114327.jpg

[e]
b0194593_2012848.jpg


比較的特徴のある卵を選びました。


<ヒント1> どれもシジミチョウの卵です。
.
.
.
.
.

<ヒント2> [a]と[b]はゼフです。この2つは簡単ですね。
.
.
.
.
.

<ヒント3> [c]と[d]は成虫で越冬します。
.
.
.
.
.

<ヒント4> [c]と[e]はクズの花に産まれていました。 .
.
.
.
.
.

<ヒント5> [e]は関東では秋に多く見られます。
.
.
.
.
.




<答はこの下に> 
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
[a]ウラゴマダラシジミ
[b]ミズイロオナガシジミ
[c]ウラギンシジミ
[d]ムラサキツバメシジミ
[e]ウラナミシジミ
です。できましたか?029.gif


by ごま(横浜市)
by jbcs | 2013-02-25 09:00 | チョウについて

本物の影は・・・

昨日は、関東地方も雪が降りましたが、1月14日の雪ほどではなかったですね。

雪を言い訳に、昨年の写真で投稿します^^;

昨年11月3,4日、保全協会は「ジャパンバードフェスティバル@我孫子」に出展しました。

ここ何回かブースでの展示に、日本チョウ類保全協会会員のHさん作成の「スカシジャノメ」の標本をお借りしています。
その標本は、本物の個体は少しで、あとは精巧に出来ている作り物なのです。

ブースに立ち寄った方に、「本物はどれでしょう?」というクイズをしたりして話しかけ、
協会の活動も紹介したりするのですが、本物と作り物の区別はなかなか難しいのです。

でも、あるお客さんが、はっきりとわかるポイントを発見してくれました。

それは、影です。

b0194593_19572631.jpg


b0194593_19575712.jpg

本物の影はモノクロ(赤い矢印)で、作り物の影はカラフルですね!!

私たちが見ている蝶の色は、光が鱗粉に反射していろいろな色に見えているのですね。
それに対して、作り物のインクは光を通すので、影にも色がつくと分かりました。
(表現が間違っていたら、ご指摘ください)

この蝶は、メキシコから南アメリカの熱帯雨林に分布するそうです。

いつか、飛んでいるところを見てみたいですね。



はる       神奈川県
by jbcs | 2013-02-07 07:00 | チョウについて

思い出に残る蝶



いよいよ今年も残すところ1日となりました。

大掃除も済ませて

静かな夜 

今年1年を

宝箱をそっと開けるように ふり返ってみる・・・



皆様にとって 今年 思い出に残る 蝶との出会いは

どんな出会いでしたか?



私にとって おそらく生涯忘れ得ないであろう

今季最大の出会いは・・・


b0194593_2138233.jpg



羽化不全のこの子は、飛べません。

せっかく生まれてきたのに 飛ぶことができません。



私は、この子を指に乗せて 約3時間、共に過ごしました。


すぐ近くに昆虫館があったのですが

そこへ行く?と思った瞬間

この子は、私を睨みつけて はっきりNOと言った


そんなこの子の強い意志を胸に

また、来季も、新しい出会いを求めて

野へ、山へと 足を運ぶのでしょう。



私の今年度最後の投稿となります。


どうぞ皆様 良いお年をお迎えください。



[アカシジミ]




sippo
by jbcs | 2012-12-30 21:52 | チョウについて

街でみかけたチョウ♪

久しぶりに『街でみかけたチョウ』です。

b0194593_17544273.jpg


JR新橋駅 烏森口で(^_^)

来週から新しい更新メンバー はるさん が登場します♪♪
皆さまよろしくお願いいたします。<(_ _)>

ぽん太
by jbcs | 2012-12-06 07:00 | チョウについて

シジミチョウとアリ

シジミチョウの多くは、幼虫のときにアリと共生することが知られて
います。

幼虫は蜜腺から甘い蜜を分泌してアリに与え、アリは幼虫から蜜をも
らう代わりに天敵からシジミチョウを守ってあげているのです。この
ような関係は、シジミチョウもアリも利益を得る、相利共生と呼ばれ
ているそうです。

ただ、シジミチョウの中には、一生の大半をアリの巣の中で過ごし、
しかもアリの巣の中でアリの幼虫を食べてしまう、アリにとって利益
がないようにみえる共生もある。このような、人からみると、一方的
にシジミチョウの方が有利な共生をするシジミチョウには、国内では、
ゴマシジミ、オオゴマシジミ、キマダラルリツバメ、クロシジミの4種
があります。

ゴマシジミは、日本チョウ類保全協会で保全活動を行っているチョウ
です。

さて、これらのシジミチョウは、アリにとって有益なことがないのに
どうやって、アリをだまして?いるのか、研究者の解説がありました。

ご興味のある方は、こちらをご覧ください♪

むしむしコラム・おーどーこん【アリと共に生きるチョウ】
 著者: 北條 賢さん (京都工芸繊維大学/琉球大学


あさって、『チョウ類の保全を考える集い』が小田原 入生田の博物館
で行われます♪ 楽しみです。

■日 時:2011年 2月19日(土) 13:00 ~ 17:30
          20日(日) 9:20 ~ 15:00終了
■場所:神奈川県立生命の星・地球博物館


ぽん太
by jbcs | 2011-02-17 12:32 | チョウについて

春が待ち遠しい!!

暖かいお正月が過ぎ、寒さが厳しくなってきました。

街のお店には、少しずつ春ものが入ってきています♪♪

そんな中、チョウをモチーフにしたネックレスをみつけました!!

b0194593_10421437.jpg




春が待ち遠しいぽん太です。
by jbcs | 2011-01-20 10:42 | チョウについて