カテゴリ:その他自然に関する話題( 42 )

春の訪れ

b0194593_21475963.jpg

陸中海岸にも春がやってきました。防災無線で仮設住宅の建設状況が村々に報告されるなか、村はずれの谷間ではヒメギフチョウが美しい翅をみせてくれました。
(岩手県宮古市で4月18日、永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2011-04-24 21:49 | その他自然に関する話題

シルエット

b0194593_05553.jpg

この動物の耳のような造形の正体は・・・


雪に埋もれたハクサイ。

モンシロチョウは、どこかで蛹の姿で寒さに耐えていることでしょう(と、蝶にこじつける)。

(2009年1月、永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2011-02-27 00:57 | その他自然に関する話題

セツブンソウ

今年ももう、冬枯れの山裾で満開を迎えた頃でしょうか。
b0194593_422735.jpg

2009年2月、岡山県で永幡嘉之撮影
by jbcs | 2011-02-19 04:02 | その他自然に関する話題

イヌブナ

雪のニュースが続いた週末、阿武隈山地のイヌブナ林も雪に覆われていました。
b0194593_2344081.jpg
b0194593_23441533.jpg

この林のどこかに、イヌブナを食べるフジミドリシジミの卵が眠っていることでしょう。
(2月12日、福島県で永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2011-02-12 23:44 | その他自然に関する話題

ヤンマタケ

b0194593_55752100.jpg

ノシメトンボの体からキノコがたくさん出ています。冬虫夏草の一種で、トンボ類から出ます。チョウでは聞きませんが、ガの仲間から出る「ガヤドリ」という冬虫夏草もあります。
1月11日、福島県で永幡嘉之撮影
by jbcs | 2011-01-15 05:58 | その他自然に関する話題

エゾエノキの根元の枯葉

昨日登場したゴマダラチョウの幼虫を探して、エノキにそっくりなエゾエノキ(山や北国に多い)の根元の枯葉を裏返していました。
b0194593_22285965.jpg

何やらきれいな切れ込みが入った枯葉です。何かが内側から糸でしっかりと綴りあわせています。
b0194593_22291370.jpg

中にはハネナシコロギスがいました。樹上に棲み、糸を吐いて葉を閉じ合わせて巣をつくる、キリギリスやコオロギに近い仲間です。
(12月1日、山形県天童市で永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2010-12-05 17:28 | その他自然に関する話題

今年の秋は遅い

冷え込んできたとはいえ、今年の秋の訪れは去年よりも遅めです。
b0194593_13941100.jpg

2010年10月24日
b0194593_1404636.jpg

2009年10月25日
(山形県朝日山系にて永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2010-11-06 01:41 | その他自然に関する話題

カキの実をめぐって

今年はなかなか遠出ができないため、昼間の少しの空き時間を見つけては、近所の公園のカキの実を観察しています。近所の公園といっても、蔵王山のふもとの広々とした雑木林の縁にあるカキ畑ですから、ずいぶん恵まれた環境ではあります。
b0194593_23315899.jpg

10月上旬に多かったのはスズメバチの仲間。オオスズメバチ、ヒメスズメバチ、キイロスズメバチ、チャイロスズメバチ、モンスズメバチの5種がやってきました。写真はヒメスズメバチ。周囲にはコガタスズメバチも多いのですが、このカキの実では見ませんでした。ニホンミツバチもたくさん集まってきます。
b0194593_2333768.jpg

メジロがさかんにカキの実をついばみます。そこから汁が流れ出し、チョウが集まってきます。
秋が深まったこのごろは、ヒヨドリのほうが多くなりました。

集まっていたチョウは、キタテハ、アカタテハ、シータテハ、クジャクチョウ、テングチョウです。気温の高い日には、ヤマトシジミも何匹もカキの実で汁を吸っていましたが、秋が深まると、もっぱら木の下にあるカタバミの花で蜜を吸うようになりました。
(山形市蔵王山麓で、2010年10月に永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2010-10-23 23:35 | その他自然に関する話題

ニホンザルの被害

b0194593_2217754.jpg

ニホンザルの群れが、山裾のクリを食べていった跡です。
b0194593_22174224.jpg

クリの小枝を折り、片端から食べています。
地域によっては畑の農作物が片端から被害に遭います。こうした動物による被害と、人の暮らしとの間では、しばしば使われる「共存」という言葉は、現実的にはまず成り立ちません。日々をそのなかで暮らす住民と、相談を受ける専門家の苦悩をまずは知ることが、理解の第一歩になるのでしょう。
チョウと違って認知度は高いものの、「人間生活をいかに守るか」という、社会科学の問題が横たわり、チョウの保全とはまた違った難題を抱えています。
陽だまりを、キタテハやキタキチョウが舞っていました。
(山形県鶴岡市で、2010年10月16日に永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2010-10-16 22:15 | その他自然に関する話題

青空に映えるカキの実に

b0194593_0483632.jpg
青空にカキの実が映えています。キタテハに混じって、翅の切れ込みが深くて朱色の鮮やかなシータテハも、懸命に汁を吸っていました。これから成虫で長い北国の冬を過ごします。(10月10日、山形市で永幡嘉之撮影)
by jbcs | 2010-10-11 00:48 | その他自然に関する話題