<   2011年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

第5回全国チョウ類保全シンポジウムに行ってきました。(続き)

 1週間前の記事に続いて、京子が参加してきた「第5回全国チョウ類保全シンポジウム」(奈良県御所市で1月22日(土)に開催)の報告の続きをさせて下さいね。
b0194593_22272323.jpg
 シンポジウムの「活動報告」の中では、蝶に限らず、いろんな生物の保全活動報告があったんです。なかでも、京子の印象に残ったのは、ナゴヤダルマガエルのお話でした。
 このカエルさんは、トノサマガエルに似ているけれど、少し体の紋様が違って、また、手足も短いんだって。だから、生息地の環境が変わると、手足が短いぶん、適応できなくなるケースが多く、絶滅が危惧されるってお話でした。奈良県でも希少生物(だったっけ?難しいお話で聞きとれなくて御免なさい!)に指定されて守ろうってことになってるんだって。
 ちなみに、上の右写真のように、頭のところの紋様で、黒いスジが途中で途切れているのがダルマガエルで、つながっているのがトノサマガエルなんだって。今後、カエルさんも、注意して見てみるようにしなくっちゃ。(撮影:神 京子)
by jbcs | 2011-01-31 09:30 | 活動報告

オオムラサキの幼虫

b0194593_23252829.jpg

エノキの根際で、ゴマダラチョウの幼虫(大きいほう)と並んで冬越ししていました。ゴマダラチョウのほうが成虫は小さいのですが、早く親になるため、この季節の幼虫はオオムラサキよりも成長が進んでいます。奈良・明日香の里ではロウバイが咲いていました。
by jbcs | 2011-01-29 23:25 | 季節のチョウたち

冬のチョウ類(ガ)

冬でも羽を広げて止まっている。



虫がなかなかみつからない公園でやっとみつけた。



そこは・・・、

b0194593_15532696.jpg



公園のトイレです(^_^)  ぽん太
by jbcs | 2011-01-27 12:00 | 季節のチョウたち

春を待つ蛹

チョウ達の春を待つ姿は、卵、幼虫、蛹、成虫など様々です。その中で蛹で冬を越えるジャコウアゲハの蛹を見つけることが出来ました。
竹竿に黒い糸を吐いて台座を作って止まっていました。このまま無事冬を越えて欲しいものです。
(kyo-i)
b0194593_21113298.jpg

b0194593_21115110.jpg

ジャコウアゲハの蛹 2011年1月 神奈川県
by jbcs | 2011-01-25 07:30 | 季節のチョウたち

第5回 全国チョウ類保全シンポジウムに行ってきました。

 奈良県御所市で1月22日(土)に開催された第5回全国チョウ類保全シンポジウムに参加してきました。

b0194593_1864512.jpg こんな入口の大きな建物が会場で、初めてなので、ちょっぴり緊張しながら入ってみました。
b0194593_1873399.jpg 入ったところの受付のすぐ横で、どこかで拝見したようなお顔が・・・そうだ!昆虫写真家の海野さんだ!今回は海野さんの講演を楽しみにしていたんですけど、こんな間近でご本人を見れるとは感激しました。

b0194593_187395.jpg 広い会場でした。地元の方が多く参加されているようでしたよ。皆さん、熱心に聞き入っていました。
b0194593_1882935.jpg

 海野さんの講演で、印象に残ったのはね、「その蝶がいるって分かっているところでは、その蝶の採取はやめて、写真で楽しむのが1番」ってところでした。

 今回のシンポジウムでは、会場から見える大阪府と奈良県にまたがる葛城山のギフチョウの保全活動に取り組んでいる方々のお話しも聞かせていただきました。やっぱり少なくなってきているギフチョウは採らないほうがいいなぁ~って、率直に感じました。どこにどんな蝶がいるのか、日本では、ほとんど調べ尽くされているらしいですしね。

 葛城山では、昨年から、ギフチョウが生息している奈良県側では、土地の所有者の方々の協力を得て、ギフチョウを採取する人の立入を制限しているんですって。う~ん、それなら、憧れのギフチョウさんを1度私も撮影しに葛城山に出かけてみようかなって思いました。だってね、網を持った人がやってきて撮影モデルのギフチョウさんを目の前でさらっていかれちゃうととても悲しいので。
(撮影:2011年1月22日 奈良県御所市にて 神 京子)
by jbcs | 2011-01-24 09:30 | チョウ類保全の話題

地面に落ちていたウラギンシジミ

b0194593_1636813.jpg
ん?なんだろう?
近付いてみると地面に横たわっているのはウラギンシジミ。
死んでいる………

しゃがみ込んでしげしげと見た。
翅もしっかりしているし、頭や脚もしっかりしている。

でも、よーく見ると丸い小さな石ころを抱え込んでいる。
どういうことなんだろう?
生きているのかな?

拾ってみようと思った。
そっとつまみ上げてみても石ころとウラギンは離れなかった。
手のひらに乗せてみると、脚がピクリと動いた。
b0194593_16363077.jpg


生きていたのだ!

撮影地:千葉県(papilabo)
by jbcs | 2011-01-21 16:38 | 季節のチョウたち

春が待ち遠しい!!

暖かいお正月が過ぎ、寒さが厳しくなってきました。

街のお店には、少しずつ春ものが入ってきています♪♪

そんな中、チョウをモチーフにしたネックレスをみつけました!!

b0194593_10421437.jpg




春が待ち遠しいぽん太です。
by jbcs | 2011-01-20 10:42 | チョウについて

ロウバイ

一月のある休日、近くのお寺に出かけました。晴れてはいましたが北風も強くチョウの姿は全く見られませんでした。関東南部でもこの時期はさすがに飛んでいるチョウの姿を見ることは難しくなってきました。
そんな時期にロウバイは花を咲かせます。まだまだ寒い冬は続くのですが、この花は香りも強く、待ち遠しいチョウの季節を一瞬感じさせてくれました。
(kyo-i)
b0194593_23242762.jpg

ロウバイの花 2011年1月 神奈川県
by jbcs | 2011-01-18 06:17 | 季節のチョウたち

ツマキチョウ

前のコツバメさんの記事に続いて、昨年の春に撮った写真をお見せしますね。
暖かい春が待ち遠しいので。
b0194593_1552496.jpg
ツマキチョウって、とっともせわしく羽ばたくの。
だから、なかなか羽の先っぽの黄色を写せないわ。
たまにこんなふうに撮れると、とても嬉しいのは私だけかしら。
今年もツマキチョウ、早く会えるといいなぁ♪(2010年5月撮影:神 京子)
by jbcs | 2011-01-17 10:30 | 季節のチョウたち

ヤンマタケ

b0194593_55752100.jpg

ノシメトンボの体からキノコがたくさん出ています。冬虫夏草の一種で、トンボ類から出ます。チョウでは聞きませんが、ガの仲間から出る「ガヤドリ」という冬虫夏草もあります。
1月11日、福島県で永幡嘉之撮影
by jbcs | 2011-01-15 05:58 | その他自然に関する話題