<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

葉っぱの帽子



b0194593_2111257.jpg


アオクサカメムシ・・・かな
こんなところで冬越しを037.gif

余裕のお手手

「お茶でも飲んでく?」なんて言われたみたい(*^-^*)


sippo
by jbcs | 2012-02-26 21:13 | 蝶以外の昆虫たち

春の使者がやってきました

モンキチョウ  暖かい河川敷の土手で見つけました001.gif
b0194593_1459918.jpg


ぽん太  東京都 多摩川にて
by jbcs | 2012-02-23 07:57 | 季節のチョウたち

第8回 チョウ類の保全を考える集い ~2~


↓記事に引き続き
2日目の模様をお伝えします。


b0194593_20584236.jpg


まずは日本自然保護協会の萩原さんより
2011年度に行われた「自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔」について
結果報告がなされました。



b0194593_2195698.jpg


このようなチラシをみなさまもどこかでご覧になったことがあるかもしれません。
私もある公園の窓口で見かけて、可愛らしいイラストに目を引かれました。

子供から大人まで、様々な層の方が大勢参加してくださり
集まった結果をもとに 2011年度の日本におけるチョウの分布の説明がありました。

こういった催しも、定期的に実施されたら、
チョウチョに対する関心も高まりそうですね。




続いて、この集いの会場となりました神奈川県立生命の星・地球博物館の高桑さんより
「外来種とは?偶産種とは何か?」というお話がありました。

b0194593_20585557.jpg


現在、日本にはチョウだけでなく、様々な自然分野において外来種が存在します。
この名前は知っていても、「偶産種」という名前は、あまり知られていないのではないでしょうか。

これは一言で言えば
「自力または自然の働きで、その自然分布外へと運ばれた個体」だそうです。

長い自然史の中で、「外来」であるか「偶産」であるかを区別して認識することもまた
より正確な把握につながることになるのでしょう。
とても勉強になりました。




続いて、中村事務局長より 「絶滅危惧種の状況と今後の保全」についてのお話がありました。

b0194593_2059377.jpg


このグラフは、絶滅に向かうスピードに対して
国を含む対策が、あまりにも遅れていることを表しています。



b0194593_20591662.jpg


日本チョウ類保全協会は、チョウを守るためにがんばっています。
でも、減っているのは、チョウのみならず
様々な生き物たちが、瀕死の危機にあえいでいます。

目指すのは、生物多様性!

この危機的状態からいかに良い方向へともっていったら良いのか。
現実的に抱える問題は、山ほどあるのです。

事務局長の熱い語りかけに、集まった方々もより強く、保全への意識が高まったことと思います。



昼食を挟んで、午後はグループ討論が行われました。

b0194593_20592521.jpg


3つの議題が掲げられ、それぞれ好きな議題のもとに集まり
約2時間に及び、熱い討論がなされました。



私はこの集いに今回初めて参加させていただきましたが
「守る」ということの難しさを、あらためて深く思い知らされました。

でも、こんなにたくさんのチョウを守りたい仲間がいる
力を合わせて、一つ一つの問題について取り組む日々の積み重ねが
きっといつか、素晴らしい成果となって報われることを信じよう!



b0194593_2059341.jpg


会場前に咲いていた水仙が そっとうなづいてくれたようです(*^-^*)


sippo
by jbcs | 2012-02-20 21:48 | 活動報告

第8回 チョウ類の保全を考える集い


2月18日(土)、19日(日)両日
第8回目の「チョウ類の保全を考える集い」が
神奈川県立生命の星・地球博物館にて開催されました。


b0194593_21281021.jpg


気温こそ低かったものの、両日とも好天に恵まれ、
多くの皆様にご来場いただきました。


本日より2日間に渡って、その様子をご報告させていただきます。


まずは、チョウ類および昆虫類の保全活動報告として
北海道アポイ岳周辺地域のみに生息する
国の天然記念物指定のヒメチャマダラセセリの現状について
NRC・渡辺さんに伝えていただきました。

b0194593_21282328.jpg




続いて 山梨県北杜市オオムラサキセンターの活動及びオオムラサキの状況について
スタッフの伊藤さんに伝えていただきました。

b0194593_21283376.jpg



お二人の講演を聞いて
状況こそ違えど、明らかに保全が難しい状況になってきていること
その要因は様々ではありますが、
若い世代の関心の低さ、なども問題に挙げられていて
あらためて危機意識を強くもったものでした。



続きまして
山形県に在住し、東日本大震災を体験された永幡さんより
震災の津波による 生物多様性への影響についての講演がありました。

b0194593_21284458.jpg


震災後、約1年が経とうとしている今も
各種報道がなされていますが
その中で、自然環境についての報道はほとんど聞かれません。

壊滅的な危機に立たされている 物言えぬ小さな命たちの悲鳴を
どのように届け 助けたら良いのか。
非常に多くのことを考えさせられました。



休憩を挟み、軽い活動報告の後
先般、NHKで報道されたブータンシボリアゲハの生態と生息環境について
矢後さんよりお話がありました。

b0194593_21285445.jpg



素晴らしい里山立国であるブータンでは
木は胸元より下では切らない
この一言が、とても印象深く心に沁みました。

美しい蝶を育み続けてきた この国が
いかに自然を大切にし その恩恵を頂いて生活を営んでいるかが
とてもよく理解できました。

また、報道以外の裏話なども楽しく聞くことができました。


夕刻より懇親会が開催され
様々な話題で大いに盛り上がり
参加された方々の交流もより深まり、初日は幕を閉じました。


次回は2日目の模様をお届けします。



sippo
by jbcs | 2012-02-19 22:14 | 活動報告

ミスジチョウの幼虫

b0194593_1325527.jpg
公園で、ふと、ミスジチョウの幼虫はモミジで越冬している…と思い出しました。
幼虫の姿はどんなだったかな?
こちらは思い出せないまま、とりあえず目の前の葉っぱをよ〜く見つめていると…
あら不思議♪
葉っぱの色にすっかり溶け込んでいる何かが浮かび上がって見えました。
これがミスジチョウの幼虫?
何にしてもいいもの見つけた♪と喜んで写真を撮りました。

そのあと別の樹でも2匹見つけました。

帰って調べたら、ミスジチョウの幼虫で正解でした037.gif
それにしても…
モミジの枯れた葉の色や、ゴツゴツとした立体感に見事カムフラージュ。
これって、紅葉の進行に自ら合わせてるんでしょうか?
来年は早くからモミジをチェックして自分の目で確かめてみなくては!

あっ…
今はほとんどが落葉しているからすぐに見つけることが出来たんだった………

(papilabo)
by jbcs | 2012-02-17 13:28 | 季節のチョウたち

ゴマダラチョウ 越冬幼虫



b0194593_2121340.jpg


前回はオオムラサキの越冬幼虫をご紹介しましたが
別のエノキの下では、ゴマダラチョウの幼虫がいました


背中の突起が3対
疎い私でも、オオムラサキとの違いがわかりました^^


もっと、いないかな・・・

b0194593_2123930.jpg

頑張って探したら、 3匹 見つけました♪



上を見上げると

b0194593_2125482.jpg


このエノキに青々とした葉が茂る頃・・・
楽しみですね!!



「第8回 チョウ類の保全を考える集い」
多くの皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。


sippo
by jbcs | 2012-02-12 21:07 | 季節のチョウたち

「第8回 チョウ類の保全を考える集い」 ご案内



毎年恒例の「チョウ類の保全を考える集い」を今年度も開催いたします。


◆日時:2012年2月18日(土)・19日(日)
受付開始:18日(土) 12:30~

◆場所:
神奈川県立 生命の星・地球博物館 講義室(入口を入ってすぐ右手)

アクセスはこちら


◆主な題目

2/18(土)
・ヒメチャマダラセセリの現状
・北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
・東日本大震災の津波による生物多様性への影響
・ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について

2/19(日)
・自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔の結果報告(日本自然保護協会より)
・絶滅危惧種の状況と今後の保全


大会参加費:会員 500円  非会員 1,000円


多くの皆様のご参加を心よりお待ちいたしております!


sippo
by jbcs | 2012-02-07 10:12 | イベント情報

国蝶の越冬


エノキの木の下で

b0194593_1955939.jpg


いました、いました。
国蝶オオムラサキの越冬幼虫です。

私は、この幼虫さんが大好き

ついつい、お顔を覗きこんでしまうのです。


b0194593_1962982.jpg


お目目がわかりますか?
健気な表情で、でもしっかりと冬を耐えていますね。
翅広げ 大空を飛びまわる夢を見ているのでしょうか・・・




b0194593_1961393.jpg


葉っぱのゆりかごに守られて
がんばってね。
もうすぐ、春だよ。



[オオムラサキ]
環境省レッドデータ 準絶滅危惧指定


sippo
by jbcs | 2012-02-05 19:18 | 季節のチョウたち

霜柱

b0194593_16182772.jpg
もこもこと厚着をして千葉の公園へ。
今季様子を見ていた越冬ムラサキツバメたちはもういない…
と、わかっていたものの、やはり気になりました。

でもムラサキシジミはがんばっているかもしれない!と、確認に行くと…
残念、1月16日には無事を確認していた枯葉のベッドは空になっていました。

コゲラやセキレイ、ノラ猫さんたちはいましたが、今日は虫の姿は見ていません。
こんな立派な霜柱がいろんなところで見られるくらい寒いのですから活動は無理ですね…。
でもこの霜柱、とっても踏みごたえあり003.gifで、カシャカシャと踏みしめて楽しみました。

千葉の公園にて(papilabo)
by jbcs | 2012-02-03 16:21 | その他自然に関する話題