<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ヒメチャマダラセセリの調査活動

 私たち、日本チョウ類保全協会では、絶滅の危機にあるチョウの保全活動を全国各地で進めています。
 7月27日~29日にかけて、ヒメチャマダラセセリという、日本では北海道の一部でしか見られないチョウの活動を行ってきました。

 ヒメチャマダラセセリは、北海道様似町のアポイ岳周辺にしか見られないチョウで、山の稜線上のお花畑に生息しています。このアポイ岳は地質がかんらん岩という珍しい岩からできており、このチョウだけではなく、固有の植物も数多く見られる、非常に生物にとって貴重な場所となっています。
 アポイ岳のある様似町では、「アポイ岳ジオパーク」として様々な取り組みを進めています(http://www.apoi-geopark.jp/)
 こうした貴重な場所ですが、近年、お花畑でハイマツが増え、環境が急激に変化しており、それにともなって、ヒメチャマダラセセリや貴重な植物の個体数が大きく減少しています。
 そのため、本会では、地域の方々と協力し、また各種の許可を得て、今年の5月にハイマツの駆除試験を実施しました。今回は、その試験地の状況およびヒメチャマダラセセリの生息状況を把握することを目的に調査を行いました。
b0194593_1228835.jpg

          ヒメチャマダラセセリ

b0194593_11343212.jpg

          5月に実施した試験地でのハイマツ除去作業の様子

アポイ岳は標高810mで、ヒメチャマダラセセリの生息地までは、1時間半程度がかかります。
「アポイ岳ファンクラブ」のみなさんと登山の装備で出発です。
(アポイ岳ファンクラブのページ http://apoifan.mt-hidaka.jp/)
b0194593_11362226.jpg


途中にいくつか休憩所があり、第4休憩所のそばを流れる沢では、ニホンザリガニが見られます。
ニホンザリガニは、北海道と東北にすんでいる在来のザリガニで、外来種のアメリカザリガニと比較するととても小さいです。
b0194593_11364224.jpg

          ニホンザリガニ

 標高600m付近のお花畑にたどりつくと、さまざまな花が見られました。

b0194593_1137052.jpg

          アポイマンテマ

b0194593_11371312.jpg

          サマニオトギリ

b0194593_11372495.jpg

          エゾルリムラサキ

b0194593_11374144.jpg

          イブキジャコウソウとギンボシヒョウモン

そして、ヒメチャマダラセセリの幼虫の餌であるキンロバイも咲いています。

b0194593_11375754.jpg

          キンロバイ

 ヒメチャマダラセセリは、成虫が5月~6月にみられ、今の時期は幼虫となっています。キンロバイの株を一つ一つ見ながら幼虫の数を確認していきます。
b0194593_1232387.jpg

 幼虫は、キンロバイの葉を綴ってその中に入っていますが、時々、日中でも外にでているものが見られます。
b0194593_11383433.jpg

          ヒメチャマダラセセリの幼虫

 その後、ハイマツ試験地の状況も確認しました。
 試験地では、少しずつ植生が回復してきていました。ハイマツの駆除した場所からはワレモコウ(ミヤマワレモコウ)が多く見られました。また、ヒメチャマダラセセリの幼虫も少ないながら確認され、来年にはさらに多くの数が確認できることが期待されました。
b0194593_11385936.jpg

b0194593_11392030.jpg

b0194593_11393244.jpg


 今回の調査では、全体として、ヒメチャマダラセセリの個体数は2012年よりは少ないものの、2011年と同じぐらいで、年次的な変動は大きくはありませんでした。

 アポイ岳のチャマダラセセリや貴重な植物を保全するためには、今後もさらに積極的な活動を行っていくことが必要です。
 調査や保全活動にご参加・ご協力をいただける方はぜひご連絡をよろしくお願いいたします。
b0194593_11394789.jpg

          調査にご協力をいただいたアポイ岳ファンクラブのみなさん
by jbcs | 2013-07-30 14:17 | 活動報告

水辺の涼





b0194593_21251796.jpg







[ミヤマカワトンボ ♀]




sippo
by jbcs | 2013-07-28 21:26 | 蝶以外の昆虫たち

アオマダラタマムシ

b0194593_159441.jpg
6月に見つけた上に、蝶でもないのですが…
アオマダラタマムシは大きくてメタリックグリーンがかっこいいタマムシでした。
タマムシの仲間はみんな眼が大きくてチャーミングです。

(papilabo)
by jbcs | 2013-07-26 15:14 | 蝶以外の昆虫たち

見上げてみると

生い茂った木の葉の中に  

陽に透けた翅が美しかったです^^

↓下の画像は、クリックすると大きく表示されます
b0194593_940643.jpg


ぽん太 横浜市にて
by jbcs | 2013-07-25 07:30 | 季節のチョウたち

ミヤマシロチョウ

この週末はミヤマシロチョウを見に群馬県の生息地に行ってきました。
昨年、多くの卵塊が着いたメギの中にはほぼ丸坊主になったものも見られました。そのすぐ隣には葉がたくさんついたメギがあります。微妙な条件の差が産卵数の違いにつながるのでしょうか。(kyo-i)
b0194593_2257369.jpg

坊主になったメギとならなかったメギの間で吸蜜するミヤマシロチョウの♀
by jbcs | 2013-07-23 09:00 | 季節のチョウたち

迷チョウに会いたい(その3)

ごま@横浜です。

迷チョウ探索の第3弾は......。
さて何でしょう?

見つけた時は、ミナミコモンマダラにしては大きすぎるとは思いました。リュウキュウアサギマダラくらいの大きさでした。

(1)裏面の模様はミナミコモンと同じ? ちょっと違いますね。
b0194593_2151147.jpg

(2)表面も白斑の配置がリュウキュウアサギマダラやミナミコモンマダラとは違いますよね。
b0194593_2183295.jpg


同定に自信ありませんが、ウスコモンマダラだと思います。そう思ったのは、自宅に戻ってからです(^_^;)
識別のポイントについては、フィールドガイド「日本のチョウ」に書かれていますのでご参照ください。

今回の遠征(6日間)で確認した迷チョウ:
ミナミコモンマダラ5頭、ウスコモンマダラ1、キオビコノハ1、シロオビマダラ1(ご紹介できる写真なし)、カワカミシロチョウ3などでした。シャッターを押す指が震えました。

撮影:2013-06-29石垣島 by ごま
by jbcs | 2013-07-22 06:00 | 季節のチョウたち

共に




b0194593_21261381.jpg



どちらも、頑張って生きたんだね

大汗かいて見上げる青空に


この子たちのエネルギーが ひしと伝わってきて

日々を歩む 元気と、勇気を貰えたよ




撮影 2013.07.21


[アゲハ]



sippo
by jbcs | 2013-07-21 21:31 | 季節のチョウたち

クジャクチョウ

b0194593_23553478.jpg
クジャクチョウみーつけた!!
b0194593_23561338.jpg
少しずつ…
そっと…
近寄っては立ち止まって1、2枚撮影し…
を繰り返していたら、いつの間にか大接近していました。

潤んだ瞳から涙がポロポロ。
クジャクさん泣かないで〜!

b0194593_002224.jpg



(papilabo)
by jbcs | 2013-07-19 07:30 | 季節のチョウたち

似合っているね

今年の夏はとても暑いので、ツマグロヒョウモンも
たくさん飛びそうな感じですが、まだ庭にはあまり現れませんね。

でも、飛んでくると、キバナコスモスがお気に入りのようです。

b0194593_22253624.jpg




神奈川県    はる
by jbcs | 2013-07-18 07:00 | 季節のチョウたち

迷チョウに会いたい(その2)

ごま@横浜です。

迷チョウ探しの第2弾は......全く想定外のチョウでした。
フィールドガイド「日本のチョウ」にも掲載されていない迷チョウです。
ちょっと擦れた個体でしたが、閉翅は撮れました。
さて何でしょう? 
b0194593_2038055.jpg


翅表は眩いほどの鮮やかなオレンジ色でしたが、まともに撮れませんでした。
b0194593_20425269.jpg

この後、スジグロカバマダラと絡んで姿を消しました。

お判りですね。
キオビコノハです。
勿論、ごまにとって初見です。

(撮影:2013-06-27八重山郡竹富町 by ごま)
by jbcs | 2013-07-15 06:00 | 季節のチョウたち