さなぎの抜け殻




sippoです。

冬らしい日が続きますね。



先日のお散歩で見つけた さなぎの抜け殻




b0194593_21345819.jpg




さて、どんなチョウチョが

ここから巣立っていったのでしょう?



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2017-01-08 21:37 | 季節のチョウたち

謹賀新年



sippoです。

いよいよ2017年の幕が開けました。


東京は、穏やかに晴れて

心地良い元旦となりました。



今、様々な理由で危機にさらされている自然環境を守るために

壁はたくさんありますが

一人一人の意識次第でできることも

きっと、たくさんあるはず。





b0194593_21235853.jpg




我が家の庭は狭いですが

いろいろと蝶の食草を植えて 経過を観察しております。


都心の、こんな小さな空間にも、母蝶はやってきて

命を託すのですね・・・



今年度も日本チョウ類保全協会をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
# by jbcs | 2017-01-01 21:35 | その他自然に関する話題

冬を耐える蝶たちと共に



sippoです。

いよいよ年の瀬ですね。


皆様にとって 今年はどんな一年でしたでしょうか。







b0194593_21393327.jpg



[ムラサキツバメ]




寄り添い 冬の寒さに耐え

なお その瞳には希望の光が満ちているように感じました


私たちもまた、元気と勇気を貰えますね。



年内、私の更新は最後になります。


皆様 どうぞ良いお年をお迎えください。
# by jbcs | 2016-12-25 21:44 | 季節のチョウたち

またムラサキツバメの集団越冬の時期がやってきました

蝶の姿が減ってくる時期ですが、成虫で越冬する種類の蝶なら見ることができます。

今回はムラサキツバメのご紹介。
ムラサキツバメは、11月に入ると少しずつ越冬場所に集まってきて、集団で越冬します。時には1枚の葉の上に50頭を超える集団を形成することもあります。
塒(ねぐら)のできる場所は、北風があたらず陽射しもほどほどあたる湿気のある場所のように思います。
アオキ、シロダモ、アカガシ、ツバキ、ヤツデ、シュロなどのほか、ヤマグワ、コナラ、ハコネウツギ、ハリギリなど落葉樹でも集団が見られます。なぜムラサキツバメが集団を形成して越冬するか判りませんが、とても興味深いです。

今年はあまり集まりが良くありません。
暖かい日が多かったためか、個体数が減っているためかは判りません。
現在、ごまの地元では、10か所ほどで集団が見られていますが、例年に比べるとあまり数は多くありません。
今年の各塒(ねぐら)の住人の数は殆どがひとケタ。その中で、写真は現時点での最大の集団で20頭ほどいます。
b0194593_11331799.jpg

この中に1頭だけムラサキシジミが混じっています。何処にいるかわかりますか?

12月11日横浜市内で撮影 by ごま
# by jbcs | 2016-12-19 06:00 | 季節のチョウたち

西表島に渡る(八重山遠征の3)

遠征4日目の10/28は、西表島へ渡る。
まずは、タイワンヒメシジミのポイントへ。
タイワンヒメシジミ♀の表面を撮影したかったのです。

畑のまわりに沢山あった食草のタヌキコマツナギが随分少なくなっていた。
それでも、そこそこの個体数は確認できた。
気温が高く、待っても待っても開翅してくれない(^_^;)

仕方なく飛翔撮影にトライする。今回は、Lumix GX7 MkII。
停まっている個体を飛ばせて4K Photoで撮影。
何度もトライするが、ローリングシャッター歪が酷く、写真にならない。
小さなシジミは意外にも翅の動きが早いらしい。
辛うじて撮れた表翅の見えるショットも翅の先が枠外に。
b0194593_1029324.jpg


そんなことに夢中になっていると、ワイフがカンムリくんの写真を撮ってきた。
高倍率のコンデジは侮れない(^_^;)
b0194593_10322539.jpg

ここでは他に、ムラサキサギ
b0194593_10331722.jpg

も見られた。狙っていたチョウの成果はイマイチ、迷蝶も見つからなかったが、散策するだけでも楽しい。

この日、シロウラナミシジミの表面撮影にもトライしたが、これも歪が酷くて失敗(T_T)


写真と文 by ごま


<4K Photoについての補足>
上に述べた通り、ローリングシャッター歪の問題はありますが、シジミ以外のチョウでは問題ないように思います。色々とトライしてみる必要がありあそうです。以下のような写真は驚くほど簡単に撮れます

=ツワブキの花を吸蜜中のキタキチョウ♂を小突いで撮影=
b0194593_10592475.jpg

b0194593_1101551.jpg

4K PhotoPreのモードで撮影。シャッター押した前後1秒の画像が秒30枚(計60枚)で撮れます。


- END -
# by jbcs | 2016-11-28 11:07 | その他自然に関する話題

初冬のルリシジミ



sippoです。

紅葉が進み、落ち葉に心寄せる時候になりました。

また、風邪やインフルエンザが流行る頃でもありますね。

皆様、どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。






先日の晴天の日 ルリシジミに出会いました。

まだ、頑張っていたなんて・・・



b0194593_2038594.jpg



淡いブルーが陽を受けて 輝いて綺麗でした!




~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-11-27 20:44 | 季節のチョウたち

ヤツデとミツバチ



sippoです。

寒暖差が激しいですね。

衣類の調整が大変ですemoticon-0124-worried.gif




ヤツデの花が咲いて、多くの虫たちの栄養源になっています。


ミツバチも、頑張っていました。



b0194593_2152241.jpg





~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-11-20 21:08 | 蝶以外の昆虫たち

やっと会えたメスアカムラサキ(八重山遠征の2)

八重山のムラサキ3兄弟

この時期に関東でムラサキ3兄弟といえば、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、そしてルーミスシジミですが、
沖縄では、リュウキュウムラサキ、ヤエヤマムラサキ、メスアカムラサキの3種でしょう。

まずリュウキュウムラサキ♂。比較的よく見かけます。
b0194593_98579.jpg


続いてヤエヤマムラサキ。♀の表面のブルーの美しさは格別です。
b0194593_98456.jpg


そして最後は、メスアカムラサキ♂です。昔は良く見られたそうですが、近年はなかなか会えません。遠征8回目の今回、初めて出会いました。リュウキュウムラサキに似ていますが、前翅の白斑が楕円形なのが特徴です。勿論、裏面を見れば違いは明確です。
b0194593_9134295.jpg



2016年10月下旬、八重山にて撮影 byごま
# by jbcs | 2016-11-14 06:00 | 季節のチョウたち

キタキチョウ



sippoです。

今日の東京は小春日和のような暖かさ

まだ、モンシロチョウも見られました。


そんな中、彼岸花の葉の隙間から咲いている花で吸蜜していたキタキチョウ

近づいたら、葉の中に潜り込んでしまいました。



b0194593_2136549.jpg



秋深まる頃 キタキチョウの行動を見ていると

どこか越冬場所を探しているような様子に感じられる時があります。



この子も、そうだったのかなあ?


そしてまだ見たことがない この子の越冬


こんな場所であったりもするのかなあ・・・




~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2016-11-13 21:43 | 季節のチョウたち

「ジャパンバードフェスティバル2016」にブースを出展しました

11月5日(土)、6日(日)の2日間、「ジャパンバードフェスティバル2016in我孫子」に
チョウ類保全協会のブースを出展し、広報活動して参りました。

今年は、メイン会場の「水の館」が改修工事の為使用できず、例年より会場が狭くなっていました。
b0194593_17351691.jpg


でも、2日間ともいいお天気で、来場者はいつもより多かったように思います。
b0194593_17342892.jpg


いつもの光学機器メーカーがずらーっと並んだところも、竹下通り並みに混雑していました。
b0194593_1816241.jpg


1日目は、会員のTさん、Sさん、2日目はHさん、Nさん&奥様がブーススタッフとしてお手伝いしてくださいました。
中村事務局長も、フィールドガイド「日本のチョウ」を宣伝販売!
売れ行きも、好調でした。
b0194593_17412530.jpg

「日本のチョウ」は、毎年たくさんの方に買っていただいているので、以前に買われた方が、わざわざブースに立ち寄ってくださり、
それ役に立っていますよーとか、活用していまーすとか、お声をかけていただき嬉しかったです。

それから、ツシマウラボシシジミとヒョウモンモドキのオリジナル缶バッチも登場~。
(写真では目立ちませんが、バッチをつけた帽子を見本にして、お見せしてました。。。と言い訳^^;)
リニューアルしたギフチョウのピンバッチも(えっどこが?って、台紙の住所が新住所になったのです!)
ぼちぼち売れました。
b0194593_17471454.jpg


絶滅危惧種と普通種のチョウのポスターも興味を持っていただくきっかけになっています。
b0194593_17554520.jpg


2日目のHさんは、ツマグロヒョウモン幼虫とアゲハ蛹、オオスカシバ(蛾の一種)幼虫など、生体を
連れてきてくださり、人気でした。
身近なチョウから、興味をもっていただくことも大事ですね。
b0194593_1819479.jpg


私は昼休みに、会場を一回り。
小笠原諸島ブースの「メグロン君」のゆるキャラが、ひときわ目立って可愛かったです♪
チョウ類保全協会も、こんなゆるキャラが作れたらいいなーと思う事務局井上でした。
b0194593_1871123.jpg


2日間、たくさんの方とお話しして、鳥がお好きな方々に保全協会の存在をアピールできたかなと
思います。

ご協力くださいましたボランティアスタッフの皆さま、どうもありがとうございました。

次にブースを出すイベントは、12月8~10日のエコプロダクツです。
会場は東京ビッグサイトで、保全協会のブースの場所は、東6ホールN-19です。
こちらは日本最大の環境イベントですので、興味のある方は、ぜひご来場ください。

12月13~18日の新宿御苑企画展「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~」も
準備が進んでおります。
詳しくは、ホームページトップに記載があります。
チョウ類保全協会HP
こちらも、多くの皆さまにご来場いただけますよう、お願いいたします。


事務局  井上晴子◇”◇
# by jbcs | 2016-11-10 17:36 | 活動報告