ご長寿のヤエヤマムラサキ

ごまです。

昨年10月末に石垣島からヤエヤマムラサキの蛹1頭と終齢幼虫3頭を持ち帰った。
幼虫に与えるため、1週間分のオオイワガネの葉数枚も持ち帰って冷蔵庫の野菜室で保存。

蛹は11/4羽化。終齢幼虫は11/3~4に蛹化し、11/17と18に1頭づつ羽化した(他の1頭は里子に)。
外に逃がして自由に飛ばせてやりたいところだが、そのためにもう一度八重山にいくのは辛い。
もちろん横浜では放蝶はできない。だいいち気温が低すぎるので生きていけない。

成蝶の飼育環境は、室内のネット(吹き流し)の中。
昼間は日が当たって20℃くらいになるが、夜は寒い日なら恐らく10℃くらいになる。
お天気のいい日には、吹き流しからだしてやると元気よく窓際で飛んでいる。
餌はリンゴ(皮)。その他に水(+塩分)を浸み込ませたキッチンペーパー。
晴れた日には乾燥してしまうので餌は毎日交換。

12月20日から札幌に帰省。置いて行く訳にはいかないので連れていくことにした。
1月下旬に横浜に戻っても3頭とも健在だったが、1/30に♀1頭が死んだ。
この個体は11/18に羽化した個体で、羽化してから73日目(約2か月半)だった。

b0194593_10105097.jpg

2/5現在(写真左が最長老のメス♀、右がオス♂)、2頭は翅はボロボロであるが健在で、左の個体は羽化してから3ヵ月、右は2ヶ月半になる。気温が低いと殆ど動かず寝ているように見えるが、陽射しを浴びて気温が上がってくると元気に飛び回る。寒い方が動き回らないので長生きするのかも。人間はどうかな(^_^;)
いつまで生きてくれるかな(^_^)v

今回の飼育で、りんごが餌として有望なことがわかりました。
ただし、成蝶の餌はどの種でも同じという訳にはいかないそうで、万能餌ではないようです。
特に樹液にやってくるチョウには向かないらしく、ヨーグルトがいいという話も聞きましたが私にはよくわかりません。

by ごま@横浜
# by jbcs | 2017-02-06 06:00 | 季節のチョウたち

春遠からじ



sippoです。

地面を見ると、オオイヌノフグリがぽつぽつと

花数を増やしてきました。





b0194593_22375213.jpg



越冬中のキタキチョウ、この日は日向ぼっこ


お花の蜜 さぞ美味しかったことでしょう。



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2017-01-29 22:41 | 季節のチョウたち

冬鳥との出会い

ごまです。

少し前に横浜に戻りました。
札幌で撮った写真の整理がやっと終わりました。

今回の話題は、野鳥です。
この時期は、北からやってくる野鳥(冬鳥)との出会いが楽しい。

年末から雪の中を探し回りましたが、苦戦の連続でした。
1月の中旬になってやっと、冬鳥の群れが入りました。

以下の2種は、札幌市内の並木に植えられているナナカマドの実を食べにやってきます。
1つめは、アトリ。スズメとだいたい同じ大きさで、オレンジ色が目立つ。10~20羽ほどの群れで行動。
近づいても逃げないので撮影しやすい。
b0194593_21255389.jpg
b0194593_21261369.jpg


2つめは、ヒレンジャク。スズメよりも一回り大きい(ムクドリの大きさ)。独特の風貌が魅力。
野鳥ファンには人気があります。
50~150羽ほどの群れで移動し、高い木の上にいったんとまり、
b0194593_21323095.jpg

安全を確認すると、実を食べに降りてくる。やや神経質で撮影には非協力的。
b0194593_21405088.jpg


気温は氷点下でも、一時寒さを忘れます。
1月18日札幌にて撮影byごま
# by jbcs | 2017-01-23 06:00 | その他自然に関する話題

マユミの実




sippoです。

極寒の日もあれば 陽射しの温もりにほっとする日も・・・

やがて三寒四温の声が聞かれ 春が近づいてくるのでしょうね。




越冬蝶を探しながら ふと見上げると



b0194593_2123444.jpg



青空にマユミの実が 美しく輝いていました



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2017-01-22 21:05 | その他自然に関する話題

謹賀新年 雪の中のささやかな楽しみ

ごまです。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

札幌に帰省中です。
雪の中でもチョウ(ゼフの卵)探しです。

今季の札幌は雪が多く、スノーシューが必須です。
手の届きそうなミズナラやサクラを見つけ、小枝の分岐や窪み、冬芽をチェックします。しかし、なかなか見つかりません(^^;)
b0194593_08432903.jpg
卵の形状とミズナラの冬芽の基部に産まれているのでジョウザンミドリシジミの卵と思われます。

数回の探索の結果、見つかった卵はジョウザンミドリシジミ6、オオミドリシジミ3でした。力不足を痛感。昔はもっと簡単に沢山見つかったのに……。個体数が減っているのか、老眼のせいか……。更に探し回るつもりです。
ウスイロオナガやメスアカミドリシジミ、アイノミドリシジミも見つけたい。
年末〜1月上旬、札幌にて by ごま





# by jbcs | 2017-01-09 06:00 | 季節のチョウたち

さなぎの抜け殻




sippoです。

冬らしい日が続きますね。



先日のお散歩で見つけた さなぎの抜け殻




b0194593_21345819.jpg




さて、どんなチョウチョが

ここから巣立っていったのでしょう?



~ 東京都より発信 ~
# by jbcs | 2017-01-08 21:37 | 季節のチョウたち

謹賀新年



sippoです。

いよいよ2017年の幕が開けました。


東京は、穏やかに晴れて

心地良い元旦となりました。



今、様々な理由で危機にさらされている自然環境を守るために

壁はたくさんありますが

一人一人の意識次第でできることも

きっと、たくさんあるはず。





b0194593_21235853.jpg




我が家の庭は狭いですが

いろいろと蝶の食草を植えて 経過を観察しております。


都心の、こんな小さな空間にも、母蝶はやってきて

命を託すのですね・・・



今年度も日本チョウ類保全協会をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
# by jbcs | 2017-01-01 21:35 | その他自然に関する話題

冬を耐える蝶たちと共に



sippoです。

いよいよ年の瀬ですね。


皆様にとって 今年はどんな一年でしたでしょうか。







b0194593_21393327.jpg



[ムラサキツバメ]




寄り添い 冬の寒さに耐え

なお その瞳には希望の光が満ちているように感じました


私たちもまた、元気と勇気を貰えますね。



年内、私の更新は最後になります。


皆様 どうぞ良いお年をお迎えください。
# by jbcs | 2016-12-25 21:44 | 季節のチョウたち

またムラサキツバメの集団越冬の時期がやってきました

蝶の姿が減ってくる時期ですが、成虫で越冬する種類の蝶なら見ることができます。

今回はムラサキツバメのご紹介。
ムラサキツバメは、11月に入ると少しずつ越冬場所に集まってきて、集団で越冬します。時には1枚の葉の上に50頭を超える集団を形成することもあります。
塒(ねぐら)のできる場所は、北風があたらず陽射しもほどほどあたる湿気のある場所のように思います。
アオキ、シロダモ、アカガシ、ツバキ、ヤツデ、シュロなどのほか、ヤマグワ、コナラ、ハコネウツギ、ハリギリなど落葉樹でも集団が見られます。なぜムラサキツバメが集団を形成して越冬するか判りませんが、とても興味深いです。

今年はあまり集まりが良くありません。
暖かい日が多かったためか、個体数が減っているためかは判りません。
現在、ごまの地元では、10か所ほどで集団が見られていますが、例年に比べるとあまり数は多くありません。
今年の各塒(ねぐら)の住人の数は殆どがひとケタ。その中で、写真は現時点での最大の集団で20頭ほどいます。
b0194593_11331799.jpg

この中に1頭だけムラサキシジミが混じっています。何処にいるかわかりますか?

12月11日横浜市内で撮影 by ごま
# by jbcs | 2016-12-19 06:00 | 季節のチョウたち

西表島に渡る(八重山遠征の3)

遠征4日目の10/28は、西表島へ渡る。
まずは、タイワンヒメシジミのポイントへ。
タイワンヒメシジミ♀の表面を撮影したかったのです。

畑のまわりに沢山あった食草のタヌキコマツナギが随分少なくなっていた。
それでも、そこそこの個体数は確認できた。
気温が高く、待っても待っても開翅してくれない(^_^;)

仕方なく飛翔撮影にトライする。今回は、Lumix GX7 MkII。
停まっている個体を飛ばせて4K Photoで撮影。
何度もトライするが、ローリングシャッター歪が酷く、写真にならない。
小さなシジミは意外にも翅の動きが早いらしい。
辛うじて撮れた表翅の見えるショットも翅の先が枠外に。
b0194593_1029324.jpg


そんなことに夢中になっていると、ワイフがカンムリくんの写真を撮ってきた。
高倍率のコンデジは侮れない(^_^;)
b0194593_10322539.jpg

ここでは他に、ムラサキサギ
b0194593_10331722.jpg

も見られた。狙っていたチョウの成果はイマイチ、迷蝶も見つからなかったが、散策するだけでも楽しい。

この日、シロウラナミシジミの表面撮影にもトライしたが、これも歪が酷くて失敗(T_T)


写真と文 by ごま


<4K Photoについての補足>
上に述べた通り、ローリングシャッター歪の問題はありますが、シジミ以外のチョウでは問題ないように思います。色々とトライしてみる必要がありあそうです。以下のような写真は驚くほど簡単に撮れます

=ツワブキの花を吸蜜中のキタキチョウ♂を小突いで撮影=
b0194593_10592475.jpg

b0194593_1101551.jpg

4K PhotoPreのモードで撮影。シャッター押した前後1秒の画像が秒30枚(計60枚)で撮れます。


- END -
# by jbcs | 2016-11-28 11:07 | その他自然に関する話題